【IPO】コンピューターマネージメント 承認!!

追記:岡三オンライン証券が委託幹事になりました。(2020.03.06)

特徴

 ジャスダック上場の小型~中型案件。VCなし、ロックアップOK、売上・利益右肩上がりで良し、事業内容はパッとしないかもしてませんが、堅実な会社という印象です。

設立は1981年です。Prof.新城は1984年にコンピューター業界で働き始めまたので、自ら体感してきたことですが、この業界も厳しく多くの会社が淘汰されて消えていきました。地味な会社かもしれませんが、 生き残ってきたすごい会社です。

地味だけど堅実な会社ですか

社名由来

 上場市場でわかりますが、社名をだけを見て新興企業ではないなと思われた方は正解!設立39年目の会社です。”コンピューター”は、1980年代は最先端テーマでした。現在だと”IT” ”AI”ですね。

”マネージメント”も、現在では”マネジメント”と表記されることが多いです。これは妄想ですが、時代・事業内容に社名を変更していたら、システムエンジニアリング社、ソフトウェアマネジメント社になったかもです。(^^)

新規上場会社概要

コード:社名4491 コンピューターマネージネント株式会社
英文社名Computer Management Co.,Ltd.
会社URLhttps://www.cmknet.co.jp/
上場承認日2020年2月5日(水)
上場予定日2020年3月11日(水)
上場市場ジャスダック
設立1981年11月26日
事業内容システムの受託開発等
業種情報・通信
業績利益は微増ですが、売上・利益ともに右肩上がり 
発行済株式総数786,000株(2020年2月5日現在)
仮条件決定日2月21日(金)
BB期間2月25日(火)~3月2日(月)
公開価格決定日3月3日(火)
公募株数187,200株
売出株数179,600株 VCからの放出なし
OA55,000株
売出放出元株主の竹中勝昭氏:同社代表取締役(159,600株)およびご家族(20,000株)からの放出(100%)と推測される
ロックアップ株主上位には、180日のロックアップあり 株主にVCなし
OR43.3% ※3年平均(2016-18)  27.5%
想定価格2,630円
吸収金額約11.1億円(想定価格ベース)
手取金の使途大阪本社移転の費用、②事業拡大の人件費、③社内基幹システムへの投資、④東京本社分室開設費用を予定
取扱証券会社主幹事:SMBC日興 平幹事:SBI、岩井コスモ、岡三、むさし       委託幹事:岡三オンライン
ではまた・・・

ランキングに参加中。 記事が面白かった・有益だったと思われたら、 気まぐれに下段の”ひよこ”をクリックしてみてください。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

コメント欄

読者の皆様へ                                      コメント欄に入力していただくと、コメントはメールで管理人(Prof.新城)まで届きます。特別な目的がない限り、記事内に読者様のコメントを表示させることはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました