【承認】オムニ・プラス・システム・リミテッド

【№801】

同社は外国株ですので、JDRとして
日本の金融市場での資金調達や売買が可能となります。
JDRとは、
日本型”預託証券”(DR)のことで、
海外で発行された有価証券を日本国内で
円滑に流通を図るための仕組み。
※Japanese Depositary Receiptの略

直近では、
2017年9月に東証マザーズへ上場した
テックポイント・インク [6697]
が、あります。
公募: 650円、初値 1,072円
と、まずまずでした。f(^^;)

IPO Outline

 

会社名オムニ・プラス・システム・リミテッド [7699]
本店所在地シンガポール
上場市場東証マザーズ
設立年月日2002年3月26日
業種別分類卸売業
事業内容汎用およびエンジニアリングプラスチックの流通、製造業
規模(想定価格ベース)小型IPO(時価総額198.8億円、吸収金額9.6億円)
上場予定日6月29日
主幹事みずほ証券
BB期間6月10日~16日
抽選発表6月17日
公開株数1,012,000 株(口)
想定価格950 円
海外向け販売なし
評価(かなり適当)主幹事(みずほ)の抽選枠は約730本?
当選はかなり厳しそうですね。f(^^;)

社名由来・意味

シンガポールは、アジアでも公用語が英語。
omni(オムニ)ってどういう意味はといえば、
元はラテン語で「すべて」。

最近はとんと聞きませんが、
数年前に経営用語で「オムニチャネル」
流行りました。
あらゆるメディアで顧客との接点を作り、
購入の経路を意識させない販売戦略
」 のことですが、
正に意味は「すべて」ですね。

同社の”omini”も、”すべて”の意味なのでしょう。
たぶん? … あはは f(^^;)

新規上場会社概要

ー 事業の概要 -

同社グループは、エンジニアリング・プラスチックを軸に、
顧客のニーズに応じたカタログ販売や汎用品(ジェネリック)の
販売を行うエンジニアリング・プラスチックの流通事業と、
顧客ニーズにより深く関与して高耐久・高耐熱、デザイン性を
有する樹脂コンパウンド(混合、着色等)を行う開発・製造事業を
行っています。

業 績
単位:千米ドル

連結2016/32017/32018/32019/32020/3
売上高81,468109,767168,962209,116192,779
税引前利益2,2403,3049,61911,55310,703
当期純利益2,0863,0838,0699,26410,026

経常利益とは、企業が通常行っている業務の中で得た利益のこと。
当期純利益とは、一会計期間(通常は1年間)に会社が活動した結果の全収益から、全ての費用・法人税等を差し引いた利益のこと。

発行株数・公開株数

発行済株式総数(承認時)20,045,844 株
発行済株式総数(上場時)20,925,844 株
公募(新規発行)880,000 株
売出0 株
売出比率0.0 %
OA132,000 株
OR4.8 %

 

手取金の使途

原材料仕入に係る運転資金に充当する予定

取扱証券会社

主幹事みずほ
平幹事SBI、岡三
委託幹事

売出株放出元

株主関係売出株数
   株
 0 株

株主上位10名 ロックアップ状況VC:Blue

株主保有株式比率売出後株式
ロックアップなし   
Neo Puay Keong8,065,196 株40.23 %8,065,196 株
ITOCHU Plastics Pte. Ltd.5,315,384 株26.52 %5,315,384 株
D3cube Venture Pte Ltd4,009,168 株20.00 %4,009,168 株
Ang Whai Hoon1,453,344 株7.25 %1,453,344 株
Omni-2025 Pte Ltd1,202,752 株6.00 %1,202,752 株

では、また(^^)/~

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ワクチン接種が開始されましたが私はいつ!?
気を緩めることなく、ストレスを溜めずに
日々基本的な感染防止に努めましょう!!
貯めて良いのは「IPOチャレンジポイント
・・・あははf(^^;)

手洗いは有効ですね!!

2つのブログランキングに登録しています。
同じカテゴリー(IPO・新規公開株)ですが、 登録者が大きく違います。
PVだと上位なんですけど・・・あははf(^^;)

タイトルとURLをコピーしました