【分析】補欠当選の多い会社はどこ?

【№930】

<strong>冒険者</strong>
冒険者

大賢者~!!
当選でなく補欠当選の多い会社の分析ですが、この分析の意図はなんでしょうか?

<strong>大賢者</strong>
大賢者

管理人のことだから、「補欠当選しても繰り上がらない」ので頭に来たんじゃろう。
補欠の繰り上がりは普通に当選するより難しいと思うが、逆に「補欠当選÷IPO」で
考えれば、補欠魔王がわかるかもしれんぞ!!

ジェイフロンティア 300株補欠当選のその後は?

 繰り上がりが難しいことは承知しています。しかし、1,257,000円も資金拘束されたので 100株くらいは繰上当選して欲しいと思っていましたが、そう簡単にはね!! … あはは f(^^;)

さて今回、なぜ補欠当選の分析になったかと言えば、個人的な実績ですが今年は補欠当選が多いような気がしています。抽選発表は、”モビルス”・”メディア総研”で68社目。管理人の補欠当選は、8社9回と10%以上もあります。
う~ん f(^^;) これは多いのか?少ないのか? 過去に遡って、補欠実績を調べてみました。

補欠実績を調べてみたら ・・・

管理人の補欠当選(実績)

年度IPO補欠回数(主幹事)補欠回数(平幹事)
2021年66社みずほ④、野村①、SBI①大和①、SBI①
2020年93社SBI③、野村①みずほ①
2019年86社みずほ④、大和④、野村①みずほ①、SBI①
2018年90社みずほ③、大和①、野村① 
2017年90社みずほ①、野村①SBI①
みずほ⑫、野村⑤、大和⑤、SBI④SBI③、みずほ②、大和①

・落選=補欠・次点の”SMBC日興証券”・”三菱UFJモルガンスタンレー証券”は、対象外とする。
・2018年の”ソフトバンク”は当選・補欠が大量のため除きました。

管理人の独り言

 補欠の繰り上がりは別として、補欠回数なんて気にも留めません。過去と比較してみたら、今年は2019年の11回に次ぐ多さです。
比率で見れば、2019年(11社÷86社=12.8%)、2021年(9社÷68社=13.2%)。比率では既に超えています。今年はまだ4ヶ月ありますので、この調子でいくと ・・・ ?

あらためてみれば、みずほ証券の補欠回数が圧倒的です。不思議と当選する会社を「相性が良い」と言うならば、管理人にとってみずほ証券は「補欠の相性が良い」のでしょうか?

補欠当選が出やすいのは、当選と同様に抽選枠が多い主幹事です。主幹事の回数が多いと言えば、野村・みずほ・SMBC日興・大和・SBIといったところでしょうか。事実上の落選=補欠のSMBC日興を除いて、管理人の実績でも残り4社でそれなりの補欠回数が出ています。

みずほ証券の補欠回数が多いのは、偶然なのかもしれませんね。しかし、偶然でもこれほど多いと個人的な意見ですが、主幹事回数が多い総合証券3社(野村・みずほ・大和)で比較すると、補欠を出す比率(当選数÷補欠当選数)は、野村・大和よりかなり多いのではないだろうか?と考えてしまいます。

読者様の「みずほ証券での補欠当選」は多いですか?少ないですか? 少なくとも管理人にとっては、みずほ証券は補欠大魔王なのです!!

・・・ とは言うものの、主幹事での繰上当選が、過去に “みずほ証券”と”大和証券”で1回ずつあるのです。どんなに補欠大魔王でも、無視(補欠は諦める)はできませんね。… あはは f(^^;)

では、また(^^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

変異種(デルタ株)と言われても、目に見えません。
気を緩めることなく、ストレスを溜めずに
日々基本的な感染防止に努めましょう!!
貯めて良いのは「IPOチャレンジポイント
・・・あははf(^^;)

手洗いは有効ですね!!

2つのブログランキングに登録しています。
同じカテゴリー(IPO・新規公開株)ですが、
INとPVでは登録者が大きく違います。
・・・ムムムf(^^;)

タイトルとURLをコピーしました