【IPO】きずなホールディング 承認!!

特徴

マザーズ上場の中型案件。”葬儀屋さん”ですが、今風にいうと”フューネラル(葬儀)ビジネス”。高齢化の日本においては必要不可欠なビジネスともいえます。この業界の構造は零細事業者が多く地域密着型という特徴がありますが、これまでのような地域に閉ざされた営業範囲の経営は難しくなくなってきている状況。この変化を、きずなホールディングスはビジネスチャンスと捉え全国展開を図っているのでしょう。

公開株数が多く、売出株式はVCからの放出が100%。IPO的にはあまり良いとはいえません。

今回で6社目の上場承認ですが、すべて”サービス業”。”いちよし証券”も6社連続取扱です!!

なるほどね~

社名由来

経営方針に「家族葬を提供することで人と人との”絆”をつなげ、これを以て社会貢献とすることを経営の基本方針とする」。また「葬儀とは、残されたご家族が「家族の”きずな”」を再確認する機会であるべきだと考えております」とあります。

新規上場会社概要

コード:社名7086 株式会社きずなホールディングス
会社URLhttps://www.kizuna-hd.co.jp/
上場承認日2020年1月30日(木)
上場予定日2020年3月6日(金)
上場市場マザーズ
設立2017年6月1日(創業のエポック・ジャパン設立は2000年7月4日)
事業内容葬儀施行及び葬儀付帯業務を提供する葬儀施行業等
業種サービス
業績売上・利益ともいいですね!!
発行済株式総数3,394,235株(2020年1月30日現在)
仮条件決定日2月14日(金)
BB期間2月18日(火)~2月25日(火)
公開価格決定日2月26日(水)
公募株数50,000株
売出株数1,697,200株
OA262,000株
売出放出元VCからの放出:100%
ロックアップ株主上位4社はVC(約97.6%)には、90日間or1.5倍のロックアップ
OR59.1% (OA分含む計算) ※3年平均(2016-18)  27.5%
想定価格2,200円
吸収金額約44.2億円(想定価格ベース)
手取金の使途連結子会社である家族葬のファミーユへの投融資資金(事業拡大のための設備資金:2021年5月期に出店を予定している11ホールのうち2ホールの新規出店費用)
取扱証券会社主幹事:野村 平幹事:みずほ、SBI、マネックス、楽天、いちよし
では、また・・

ランキングに参加中。 記事が面白かった・有益だったと思われたら、 気まぐれに下段の”ひよこ”をクリックしてみてください。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

コメント欄

読者の皆様へ                                      コメント欄に入力していただくと、コメントはメールで管理人(Prof.新城)まで届きます。特別な目的がない限り、記事内に読者様のコメントを表示させることはありません。

タイトルとURLをコピーしました