【IPO】関通 承認!!

特徴

 関通の株主に”楽天”があります。同社事業(物流分野)で資本業務提携契約を締結しているというわけです。 幹事会社に楽天証券があってもよいのでは?と思いますが・・・(^^;)

マザーズ上場の小型案件です。事業はEC配送センター業務代行なのですが、関連していろいろやっいます。倉庫管理システム「クラウドトーマス」、チェックリストシステム「アニー」開発・販売などです。

ECは、ひとつのテーマです。過去のIPOでは、BASE【4477】2019年10月マザーズ上場。事業は「Eコマースプラットフォーム『BASE』およびオンライン決済サービス『PAY.JP』の運営など」。ファイズ【9325】2017年3月マザーズ上場(現在は東証一部)。事業は「EC運営企業の物流センターの管理・こん包などから配送まで一貫して業務を請け負う事業」がありました。確かにひとつのテーマ(物流といえばEC)ではありますが、初値高騰はどうでしょうか? 想定価格が安価なのでブレイクするかも?・・・ですね。(^^;)

 さて、IPOの特徴としては前述のとおりですが、同社の最も特徴的なことは、同社代表取締役は達城久裕(タツシロ ヒサヒロ)氏で、創業から一代で築いた会社であること。             達城氏は大阪出身ですので、”いわゆる叩き上げの関西商人”ということです。(^^)

まったく個人的な話ですが、達城氏と管理人は同い年です。また達城氏は大阪市出身とのこと。管理人は小学校2~4年生時、同市住吉区(長居)の小学校に通っていました。

同級生ではないのですが(50年前ですので、さすがに同級生全員の名前は覚えていませ~ん)、当時市内ですれ違っていたかもしれません。親近感がわき、応援したくなります。(^^)

今後益々のご発展を!

社名由来

 有限会社軽サービス(1986年)→関西商業流通株式会社(1996年)→株式会社関通(2009年)と、事業の変化に伴い社名も変わりました。現在の社名は、前社名の”西商業流”からとったものと推察します。まぁ、関通(かんつう)のほうが、覚えやすいし、言いやすいですね!(^^;)

関空(関西国際空港)の開港は、1996年(平成6年)。前社名と同年です。

おそらく、会社名をいうとき、

”関空でなく関通です!”

なんていっていたかも?・・・ムムム(^^;)

関空・関通
あり得るかも?

新規上場会社概要

コード:社名9326 株式会社関通(カンツウ)
英文社名KANTSU CO.,LTD
会社URLhttps://www.kantsu.com/
上場承認日2020年2月13日(木)
上場予定日2020年3月19日(木)
上場市場マザーズ
設立1986年4月28日
事業内容主にEコマースを展開する顧客の配送センター業務を代行する「EC・通販物流支援サービス」等
業種倉庫・運輸関連業
業績売上は右肩上がりであるが、利益はそこそこあります。特に2018年から伸びています。(経費の大半は発送運賃及び運送費用) 黒字上場です。(^^)
発行済株式総数2,275,000株(2020年2月13日現在)
仮条件決定日2月28日(金)
BB期間3月3日(火)~3月9日(月)
公開価格決定日3月10日(火)
公募株数600,000株
売出株数250,000株(売出株比率:29.4%)
OA127,500株
売出放出元筆頭株主のロジ・エステート社より150,000株、同社代表取締役 達城久裕氏より100,000株(計100%)放出
VC株主にVCなし(^^)
ロックアップ株主10位(楽天・紀陽銀行除く)に180日のロックアップあり
OR34.0% ※3年平均(2016-18)  27.5%
想定価格470円
吸収金額約4.6億円(想定価格ベース)
手取金の使途EC・通販物流支援サービスにおけるソフトウエアのバージョンアップ、新設の物流センターの物流設備及び付帯設備の一部充当する予定
取扱証券会社主幹事:みずほ 平幹事:SBI、SMBC日興、エース、マネックス、岡三、極東、岩井コスモ、ムサシ 委託幹事:岡三オンライン

IPOスケジュール(全体)

ではまた・・・

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ランキングに参加中です。記事が面白かった・有益だったと思われたら、下段の”ひよこ”をクリックしてみてください。クリックするとブログにINポイントが加算されますが、残念ながら、読者様にはメリットはありません。管理人としてはINポイント変化で、記事の評価がわかるので助かります。面白くなければ、クリックの必要はありません。・・・ムムム(^^;)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

コメント欄

読者の皆様へ                                      コメント欄に入力していただくと、コメントはメールで管理人(Prof.新城)まで届きます。特別な目的がない限り、記事内に読者様のコメントを表示させることはありません。

タイトルとURLをコピーしました