【IPO】バリオセキュア 承認

特徴

 東証二部上場の中型IPOです。情報・通信系で「セキュリティ」。テーマは良いのですが、IPO的にはマイナスの要素たっぷりです。公募株がゼロで、売出株はVC100%。というか、発行済株式のほとんどをVCで保有しています。言い換えれば、ほとんどVCの会社です。初値売り主体のIPO愛好家には、人気は出なさそうな会社です。ただ、長期的に見ればセキュリティに特化したIT企業ですので、けっこう堅いかもしれませんね。

社名由来

 調べましたが正確な由来がわかりません。勝手に想像してみます。英語で”vario”という単語はなく、”various”から派生した言葉のようです。”various”の意味は”さまざまな”・”いろいろな”です。それから考えると、社名には”さまさまなセキュリティに対応”という意味が込められているのではないかと思えてきます。

新規上場会社概要

コード:社名4494 バリオセキュア株式会社
英文社名Vario Secure Inc.
会社URLhttps://www.variosecure.net/
上場承認日2020年2月21日(金)
上場予定日2020年3月30日(月)
上場市場東証二部
設立2015年9月17日(実質上: 2001年6月21日)
事業内容ネットワークセキュリティ機器と独自監視システムによる運用、監視、サポートサービスの提供。ネットワークセキュリティ機器販売、ならびにネットワーク機器の調達、構築によるインテグレーションサービスの提供
業種情報・通信
業績売上は右肩上がり 利益率はいいかな? 黒字上場です
発行済株式総数3,726,600株(2020年2月21日現在)
仮条件決定日3月9日(月)
BB期間3月11日(水)~3月17日(火)
公開価格決定日3月18日(水)
公募株数0株
売出株数2,720,400株(売出比率:100%)
OA408,000株
売出放出元アイ・シグマ事業支援ファンド2号投資事業有限責任組合 2,715,600株、アイ・シグマBAF役職員ファンド5アイ組合 4,800 株 VC放出100%
VCアイ・シグマ事業支援ファンド2号投資事業有限責任組合 3,720,020株(発行済総株式の99.8%) 
ロックアップVCへ90日or1.5倍のロックアップ
OR83.9% ※3年平均(2016-18)  27.5%
想定価格2,080円
吸収金額約65.1億円(想定価格ベース)
手取金の使途公募株数がゼロのため、手取り金の使途は”なし”
取扱証券会社主幹事:野村 平幹事:SMBC日興、大和、いちよし、みずほ、岡三、岩井コスモ、SBI、楽天、マネックス 委託幹事:岡三オンライン

IPOスケジュール(全体)

ではまた・・・

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ランキングに参加中です。記事が面白かった・有益だったと思われたら、下段の”ひよこ”をクリックしてみてください。クリックするとブログにINポイントが加算されますが、残念ながら、読者様にはメリットはありません。管理人としてはINポイント変化で、記事の評価がわかるので助かります。面白くなければ、クリックの必要はありません。・・・ムムム(^^;)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

コメント欄

読者の皆様へ                                      コメント欄に入力していただくと、コメントはメールで管理人(Prof.新城)まで届きます。特別な目的がない限り、記事内に読者様のコメントを表示させることはありません。

タイトルとURLをコピーしました