【IPO】SANEI 紹介

SANEIの仮条件決定日は、明日(4月7日)です。
仮条件決定日に上場中止の発表が3社も続いていますが、この会社は市場と規模の点から中止はしないと考えています。
とはいっても、異常事態ですので、外れたらごめんなさい。(^^;)

特徴

 東証二部の中型IPO。水栓など水回り製品の製造販売の会社です。今年で創業66年になる中堅企業です。業績は良いのですが、事業から見てもこれといった特徴はないので、コロナ禍がなくとも初値高騰は難しそうなIPOです。
 気になるのは、コロナ禍の状況下で上場してくるということですが、”有価証券届出書”の事業等のリスクに「ウイルスなどの感染症等につきましては、コロナウイルス等の感染症が想定を上回る規模で発生及び流行した場合、社会的な生産活動の停滞、原材料の供給不足、日本市場の需要低下といった間接的な影響を受ける可能性があり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。(抜粋)」とコロナのリスクを明記しています。

社名由来

 創業時(1954年)の社名が、三栄水栓製作所。SANEIへ社名変更(2018年4月)。
最初、SANEIをサネイと読んでしまいました。漢字で書くと「実井」です。管理人の現役時代の同僚に実井(さねい)さんがいたのです。・・・ムムム(^^;)

新規上場会社概要

社名 [6230]SANEI(サンエイ)株式会社 [6230]
英文社名SANEI LTD.
会社URLhttps://www.sanei.ltd/
上場予定日2020年4月24日上場承認日2020年3月19日
上場市場[業種]東証二部[機械]設立1960年12日21日
事業内容給排水器具等の製造販売
業績(直近)老舗企業なので安定していますが、売上・利益は横ばい
仮条件決定日4月7日BB期間4月9日~4月15日
公開価格決定日4月16日購入申込期間4月17日~4月22日
想定価格2,200円  
発行済株式総数1,960,000株(承認時)吸収金額約11.6億円
発行済株式総数2,220,000株(上場時)時価総額約48.8億円
公募株数260,000株公開株数52,9,000株
売出株数200,000株
OA 69,000株
売出株比率43.5%OR23.8%
売出放出元
VC:太文字
西岡 利明 100,000 株(同社代表取締役社長)
吉川 正弘   50,000 株(同社代表取締役副社長)
吉川 弘二   50,000 株(同社代表取締役の二親等内の血族)
VC(売出/保有)なし(0株/0株)
ロックアップ株主上位10名の内、9名に180日のロックアップ
手取金の使途岐阜工場における生産設備に係る設備投資に充当する予定
取扱証券会社主幹事:大和 平幹事:野村 三菱UFJモル・スタ SBI 日興
委託幹事:auカブコム

最後までお読みいただき、ありがとうございました。記事が面白かった・有益だったと思われたら下段の”ひよこ”をクリックしてみてください。クリックするとブログにINポイントが加算され、管理人としてはポイント変化で、記事の評価がわかるので助かります。

ありがとう
ございました


 

コメントは
下記まで

タイトルとURLをコピーしました