【IPO】復活!! コマースOneホールディングス”再”承認

 まったく先が見えない状況では、上場中止/延期もやむを得ないこと。マザーズ市場上場への再トライです。
前回の承認時は、”業績も良いので通常の地合いなら初値高騰は間違いない!”と書きましたが、今回の要項は更に絞り込まれたので、爆上げ予感がしてきます。(^^)
主幹事は大和証券。管理人も過去に最も当選した証券会社なので、当選を期待したいですね!!
ちょっと公開会部数が減ってしまいましたが・・・ムムム(^^;)

前回からの変更

 前回今回
想定価格1,690円1,270円
吸収金額13.2億円7.8億円
公募株数240,000株150,000株
売出株数(売出株比率)436,900株(64.5%)384,000株(62.5%)
OA101,500株80,100株
公開株数778,400株614,100株
OR20.2%16.3%

特徴

 マザーズ上場の小型案件。(時価総額47.8億円、吸収金額7.8億円)事業は、ECプラットフォームの単一事業ですが、子会社である フューチャーショップ、ソフテル、TradeSafeが、上手く事業(機能)分担していると思います。
社会的背景からECビジネス全体は、右肩上がりです。(^^)

社名由来

 株式会社TradeSafe(2006年8月)→ 株式会社TSホールディングス(2017年9月)→コマースOneホールディングス(2019年12月)。設立時から子会社化などの事業拡大に伴い、社名を変えています。事業内容から、コマースはeコマースのコマースですね。

ECとは? 電子商取引: Electronic Commerceですが、表記としてはEC、eコマース。状況に応じてネットショップ、ネット通販と、いろいろありますが、みんな同じもの。

新規上場会社概要

社名 [コード]株式会社コマースOneホールディングス [4496]
英文社名Commerce One Holdings Inc.
会社URLhttps://www.cm-one.jp/
上場予定日2020年6月26日上場承認日2020年5月22日
上場市場[業種]マザーズ[情報通信]設立2006年8日1日
事業内容EC プラットフォーム関連事業
業績(直近)売上・利益とも右肩上がり(^^)
仮条件決定日6月9日BB期間6月11日~6月17日
公開価格決定日6月18日購入申込期間6月19日~6月24日
想定価格1,270円  
発行済株式総数3,611,700株(承認時)吸収金額約7.8億円
発行済株式総数3,761,700株(上場時)時価総額約47.8億円
公募株数150,000株公開株数614,100株
売出株数384,000株
OA 80,100株
売出株比率62.5%OR16.3%
売出放出元
VC:太文字
㈱フューチャースピリッツ 166,500 株
越智 哲生                              84,000 株
㈱オプトホールディング       60,000 株
岡本 高彰                              40,800 株(同社代表取締役社長)
伏見 裕子                              32,700 株(同社取締役)
VC(売出/保有)Asian Asset Acquisition Pte., Ltd. 0株/903,000株
NIFSMBC-V2006S3投資事業有限責任組合(SMBC VC)0株/36,000株
株主上位10名に2社のVCがいますが、売出はありません
ロックアップ株主上位10名すべてに90日または1.5倍のロックアップあり
手取金の使途グループ人材開発、(株)フューチャーショップの新機能拡充及び(株)ソフテルの「通販する蔵」カスタマイズの効率化などの機能拡充のためのソフトウェア開発資金として充当する予定
取扱証券会社主幹事:大和 平幹事:みずほ いちよし 松井 SBI

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

読者の皆様もコロナに感染しないよう細心の注意をお願いいたします。

手洗いは重要ですね!!

2つのブログランキングに登録しています。同じカテゴリー(IPO・新規公開株)ですが、登録者数が異なり、順位も異なります。面白いものです。(^^)

人気ブログ登録(129人) 日本ブログ村登録(675サイト

お問い合わせ・コメントは
下記までお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました