【IPO】復活!! Speee”再”承認

前回からの変更

 前回今回
想定価格2,590円2,270円
吸収金額83.5億円25.5億円
公募株数2,607,000株855,600株
売出株数(売出株比率)195,000株(6.1%)120,000株(10.7%)
OA420,300株146,300株
公開株数3,222,300株1,121,900株
OR28.0%11.5%
上場市場マザーズJASDAQ(S)

特徴

 復活組の第4弾です。JASDAQスタンダード上場の中型IPO。上場市場が変更されたことには、驚きました。とにかく、前回からかなり絞ってきたのは評価できます。

事業の概要
同社及び連結子会社(PT.SPEEE RECRUITMENT NUSANTARA、株式会社Datachain、株式会社Velocity、株式会社ThinQ Healthcare)の計5社によって構成。
事業は「MarTech(マーテック)事業」「X-Tech(クロステック)事業」「Data Platform(データプラットフォーム)事業」。

3つの事業がありますが、事業説明を読んでもよくわかりません。(^^;)
まとめると、テクノロジーを活かしながら既存のビジネスを柔軟に組み合わせ、新しいサービスを生み出すことで、新しい価値を提供し続けるということ。
具体的には、経営やマーケティングなど企業運営のために必要な意思決定をデータに基づいて判断し実行するという事業開発で多様な産業領域の変革を推進するようです。

社名由来

 この社名には、「Speedの“d”を“e”に変え、Speedの1歩先へ」「世界中で発音できる名前を」と
いう2つの想いが込められているとのことです。(同社公式サイトより)

管理人の独り言

 ざっと計算してみましたが、野村證券の抽選枠は約800本くらいになりそうです。
主幹事は当選が難しい野村證券ですから、あまり期待しないほうが良いかもしれません。
最近、ネガティブ思考の管理人です。う~ん(^^;)

新規上場会社概要

社名 [コード]株式会社Speee(スピー) [4499]
英文社名Speee,Inc.
会社URLhttps://speee.jp/
上場予定日2020年7月10日上場承認日2020年6月10日
上場市場[業種]JASDAQ[情報通信]設立2007年11日29日
事業内容データ資産を利活用したマーケティング活動を支援するMarTech事業及び消費者と事業者を繋ぐプラットフォームサービスを提供しリアル産業のデジタルシフトを促進するX-Tech事業の運営等
業績(直近)売上は右肩上がり 利益は2期連続黒字で上場
仮条件決定日6月23日BB期間6月25日~6月30日
公開価格決定日7月1日購入申込期間7月2日~7月7日
想定価格2,270円  
発行済株式総数8,900,000株(承認時)吸収金額約25.5億円
発行済株式総数9,755,600株(上場時)時価総額約221.5億円
公募株数855,600株公開株数1,121,900株
売出株数120,000株
OA146,300株
売出株比率10.7%OR11.5%
売出放出元
VC:太文字
大塚 英樹 120,000 株(同社代表取締役)
VC(売出/保有)VCなし
ロックアップ株主は7名のみ。75,000株所有の1名のみロックアップなし。その他は90日のロックアップだけ。
手取金の使途運転資金として①採用費及び人件費、②広告宣伝費に充当する予定
取扱証券会社主幹事:野村 平幹事:SBI みずほ 楽天 SMBC日興 大和
マネックス 藍澤 いちよし

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

読者の皆様もコロナに感染しないよう細心の注意をお願いいたします。

手洗いは重要ですね!!

2つのブログランキングに登録しています。同じカテゴリー(IPO・新規公開株)ですが、登録者が異なり、順位も異なります。面白いものです。(^^)

人気ブログ登録(128人) 日本ブログ村登録(679サイト

お問い合わせ・コメントは
下記までお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました