【承認】クリーマ

社名由来

 社名「クリーマ:Creema」の語源は、「クリエイターニューマーケット」であるとのこと。(同社公式サイトより) ならば、「Creator New Market」ということでしょうか!? (^^;)

面白いのは、同社設立時(2009年3月)の社名「赤丸ホールディングス株式会社」。(^O^)
翌年5月には、ハンドメイドマーケットプレイス「Creema」をリリースし販売を開始。
クリーマに社名(商号)変更したのは、2014年6月。

今年のIPOでいえば、「地元情報の プラットフォーム「ジモティー」を運営している【ジモティー】」に似ています。ジモティーは最初からジモティーが社名で、クリーマは多くの人に認識されるようになってから社名変更したパターン。・・・たぶん!? (^^;)

 以前にも書きましたが、お菓子の「ブルボン」の会社も「ブルボン」。元は、「北日本食品工業株式会社」でしたが ・・・何の食品会社!?
「ブルボン」が有名になれば「ブルボンの北日本食品工業です!!」といったほうが通りが良い。取り扱う商品・サービスに社名を変更することは、頻繁にありますね。(^^)

 しかし、社名の付け方は、けっこう悩ましいところがあります。先日上場した「日通システム」などは、知らない人から見れば日本通運のシステム会社?ですからね!! ・・・あらら f(^^;)

会社概要

 同社の事業は「マーケットプレイス[Creema]」の運営ですが、ビジネスモデルとしては一般的。
特徴的なのは、「創作活動に取り組む全国のクリエイターと生活者(ユーザー)が、オンライン上で直接オリジナル作品を売買できるCtoCのハンドメイドマーケットプレイスである点。

また、来場者数5万人を誇る、日本最大級のクリエイターの祭典「HandMade In Japan Fes’(東京ビッグサイト)」等の大型イベント開催や、常設ショップ「Creema Store(新宿・札幌)」「暮らしとクリーマ(二子玉川)」の運営等を行っている点。

「Creema」に出店するクリエイターにさらなる活躍の場を提供するなど、クリエイターの活動支援に注力してきた関係から、本業として作家活動を行うクリエイターや、これから本格的に作家としての活動を志望しているクリエイター等、プロ志向のクリエイターから支持があります。
品質の高いプロ志向のクリエイターの作品が多く集まるため、同社のマーケットプレイスでは高品質の作品を求める生活者(ユーザー)の安定的な集客が可能になり、これが感度の高い良質なコミュニティの構築につながる。
ここが、Creemaの独自性・競争優位性となっています。(^^)

クリーマ 事業系統図

  クリーマはどこで収益を確保しているのか!?(事業系統図でチェック!!)
  ・マーケットプレイスサービスにおける「Creema」 上での販売手数料収入
  ・プラットフォームサービスにおける各種広告収入
  ・イベント・ストアサービスにおける出店料・入場料、及び販売手数料収入
  ・クラウドファンディングサービスの成約手数料

管理人の独り言

 マザーズ上場の中型案件(想定時価総額197.9億円、吸収金額59.8億円)。う~ん(^^;)
最近のIPO(マザーズ上場)は小型案件が多いので、かなり大型に見えてしまいますね。
初値高騰は難しいかもしれませんが、それでも公募の1.5倍まではいくと管理人は考えています。

 売上は右肩上がりですが、利益は前期にようやく黒字化。マーケットプレイスの独自性もあり、アプリのダウンロードも右肩上がりですので、将来性を感じます。
また、新型コロナウイルスで世の中が変化して行きますが、ビジネスの基盤がネットワーク系は強い!! (^^)

 VCがうじゃうじゃいます。・・・あらら f(^^;)
しかし、別の視点から見れば、ある意味凄いことなのです。
昨年6月のニュースですが、「日本郵政キャピタル、SBIインベストメント、グローバル・ブレイン、三井不動産、アイ・マーキュリーキャピタルと、セプテーニ・ホールディングスの創業者で名誉会長の七村守氏などから、総額11億円の資金調達を実施したことを発表。
既存株主のKDDI Open Innovation FundとSMBCベンチャーキャピタルも参加している。累計資金調達額は約24億円となった。」・・・お金を集められるのは凄い!!

VCもバカではありません。マーケットプレイス「Creema」に将来性を感じた結果でしょう。
将来性!? 将来上場して「儲けられる投資先」とも言えますが ・・・ムムム(^^;)

新規上場会社概要

社名 [コード]株式会社クリーマ [4017]
銘柄略称M-クリーマ
英文社名CREEMA LTD.
会社URLhttps://www.creema.co.jp/
上場予定日2020年11月27日上場承認日2020年10月23日
上場市場[業種]マザーズ[情報通信]設立2009年3月3日
事業内容ハンドメイドマーケットプレイス「Creema」の運営、及びクリエイターのエンパワーメントを目的とする各種サービスの提供
業績(直近)売上は右肩上がり、利益は前期にようやく黒字化
仮条件決定日11月5日BB期間11月9日~13日
公開価格決定日11月16日購入申込期間11月17日~20日
想定価格3,250円  
発行済株式総数5,970,000 株(承認時)吸収金額(承認時)約59.8億円
発行済株式総数6,089,000 株(上場時)時価総額(承認時)約197.9億円
公募(新株発行)113,000 株公開株数1,839,900 株
公募(自己処分)– 株
売出1,559,700 株
OA167,200 株
売出株比率84.8 %OR30.2 %
売出放出元
VC:太文字
グロービス4号ファンド投資事業有限責任組合 254,100 株
丸林耕太郎 220,000 株
グローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合 210,700 株
KDDI新規事業育成2号投資事業有限責任組合 181,000 株
KDDI新規事業育成投資事業有限責任組合 172,000 株
Globis Fund IV, L.P. 152,600 株
日本郵政キャピタル㈱ 91,100 株
SMBCベンチャーキャピタル1号投資事業有限責任組合  86,000 株
MF-GB 投資事業有限責任組合 52,800 株
W ventures 投資事業有限責任組合 45,500 株
大橋優輝 42,000 株
SMBCベンチャーキャピタル3号投資事業有限責任組合  37,400 株
SMBCベンチャーキャピタル2号投資事業有限責任組合 9,400 株
SBI AI& Blockchain 投資事業有限責任組合 5,100 株
 株主構成
ロックアップ
 [株主上位10名]

180日ロックアップ 計:2,663,000 株
丸林耕太郎(同社代表取締役社長)
 2,200,000 株[31.89%](内、220,000 株は売出へ)
アニマリズムグループ株式会社
(同社代表取締役社長が議決権の過半数を所有する会社会社)
 628,000 株[9.10%]
大橋優輝(同社取締役)
 477,000 株[6.92%](内、422,000 株は売出へ)

90日、1.5倍ロックアップ 計:1,614,400 株
グロービス4号ファンド投資事業有限責任組合
 591,000 株[8.57%](内、254,100 株は売出へ)
グローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合
 490,000 株[7.10%](内、210,700 株は売出へ)
KDDI新規事業育成2号投資事業有限責任組合
 421,000 株[6.10%](内、181,000 株は売出へ)
KDDI新規事業育成投資事業有限責任組合
 400,000 株[5.80%](内、172,000 株は売出へ)
Globis Fund IV, L.P.
 355,000 株[5.15%](内、152,600 株は売出へ)
SBI AI& Blockchain投資事業有限責任組合
 212,000 株[3.07%](内、5,100 株は売出へ)
日本郵政キャピタル株式会社
 212,000 株[3.07%](内、91,100 株は売出へ)

手取金の使途クリエイターエンパワーメント事業の運転資金、ならびに新規事業の開発・プロモーション費、その他、オフィス移転費用などに充当する予定
取扱証券会社主幹事 : SBI
平幹事 : 大和、みずほ、SMBC日興、エース、岩井コスモ、
      岡三、丸三、水戸

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コロナに過敏になりすぎず、日々基本的な感染防止に努めましょう!!

手洗いは有効ですね!!

2つのブログランキングに登録しています。同じカテゴリー(IPO・新規公開株)ですが、登録者が大きく違います。同じ順位にならないところが、面白いですね。頑張らねば・・・ムムム(^^;)

人気ブログ登録(126人) 日本ブログ村登録(685サイト

タイトルとURLをコピーしました