【抽選結果】全研本社

【№806】

想定価格 → 仮条件 → 公募価格

想定価格仮条件公募価格
1,290 円1,290 円 ~ 1,350 円1,350 円

訂正有価証券届出書(新規公開時)より抜粋

発行価格等の決定に当たりましては、仮条件(1,290円~1,350円)に基づいて機関投資家等を中心にブックビルディングを実施いたしました。当該ブックビルディングの状況につきましては、
①申告された総需要株式数は、公開株式数を十分に上回る状況であったこと。
②申告された総需要件数が多数にわたっていたこと。

③申告された需要の価格毎の分布状況は、仮条件の上限価格に集中していたこと。
以上が特徴でありました。

上記ブックビルディングの結果、公開株式数以上の需要が見込まれる価格であり、現在のマーケット環境等の状況や最近の新規上場株式に対する市場の評価、上場日までの期間における価格変動リスク等を総合的に勘案して、1,350円と決定いたしました。
なお、引受価額は1,242円と決定いたしました。

抽選結果

予想抽選枠は、過去のデータをもとにシビアに算出しています。

証券会社割当株数比率予想抽選枠期待度申込結果
みずほ2,853,800 株87.0%2,625 本期待×
日興98,400 株3.0%90 本厳しい×
 ステージ  45 本   
SBI98,400 株3.0% 442 本ポイント×
 ポイント  221 本   
楽天98,400 株3.0%886 本ちょっぴり6/10
三菱49,200 株1.5%45 本厳しい
岡三49,200 株1.5% 47 本厳しい
マネックス32,800 株1.0%295 本ちょっぴり×
auカブコム 株%? 本ムリ!!
岡三オンライン 株%1 本ムリ!!×

・期待度は、管理人の適当な感覚。基本的に平幹事・委託幹事の当選はムリ・・・あらら f(^^;)
・その他にOA[ 492,000 株]があります。

管理人の独り言

あれ~!! ”全滅”だ~!! (><)

ー みずほ証券の当選確率予想 -

当選確率予想は、正しかったのか?
予想抽選枠 ÷ 参加者数
= 2,625 本 ÷ 80,000 人
= 3.3 %
※抽選倍率:約30 倍

予想が合っていたかどうかは、
ブロガーさん・読者様の当選報告の状況で
判断することにしましょう。f(^^;)

ー 楽天証券の当選確率予想 -

予想抽選枠 ÷ 参加者数
= 18 本 ÷ 54,000 人
= 0.03 %
※抽選倍率:約3000 倍

話になりませんね!! (><)

全研本社の抽選発表は、実質これで終わり!!

ー いきなり追記 -

すみませ~ん。
思いっきり誤記しました!!

楽天証券 全研本社の予想抽選枠は、
886 本でした。
予想抽選枠 ÷ 参加者数
= 886 本 ÷ 54,000 人
= 0.16 %
※抽選倍率:約61 倍

可能性が見えてきましたか?
… あはは f(^^;)


次回は、”Enjin” の抽選発表(6/10)ですが、
また、みずほ証券が主幹事なんですよね。

ー ”Enjin”の当選確率予想 -

予想抽選枠 ÷ 参加者数
= 2,461 本 ÷ 80,000 人
= 3.1 %
※抽選倍率:約33 倍

なんか同じような確率・倍率ですが、今度こそ!!
… あはは f(^^;)

全研本社の詳細情報[IPO仕様]は、最下段の関連記事を参照

では、また(^^)/~

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ワクチン接種が開始されましたが、私はいつ!?
気を緩めることなく、ストレスを溜めずに
日々基本的な感染防止に努めましょう!!
貯めて良いのは「IPOチャレンジポイント
・・・あははf(^^;)

手洗いは有効ですね!!

2つのブログランキングに登録しています。
同じカテゴリー(IPO・新規公開株)ですが、
INとPVでは登録者が大きく違います。
・・・ムムムf(^^;)

タイトルとURLをコピーしました