【承認】”M&A総合研究所”の難易度と売り圧力!!

【№1371】

<strong>冒険者</strong>
冒険者

設立して、まだ3年目の会社ですよ?

<strong>大賢者</strong>
大賢者

上場スピードランキングに載りそうじゃな!!

  当ブログ承認記事のポイントは、以下の3点です。
   ◆社名由来・意味 ⇦ 管理人の趣味です。f(^^;)
   ◆難易度 ⇦ 承認時点の主幹事抽選枠予想から当選難易度を考察
   ◆売り圧力 ⇦ VCの有無と上場初日に売出可能な株式の算出

社名由来・意味

 M&Aとは、「Mergers(合併) and Acquisitions(買収)」の略。意味は、文字通り「企業の合併・買収」で、事業内容そのままですね。f(^^;)

IPO Outline

会社名株式会社 M&A総合研究所 [9552]
本店所在地東京都千代田区
上場市場グロース市場
設立年月日2018年10月12日
業種別分類サービス
事業概要 DX・AI 技術を活用した M&A 仲介事業 
規模中型(時価総額224.2億円、吸収金額22.7億円)※想定価格ベース
上場予定日6月28日
同日上場あり(1社)
幹事会社野村、SBI、大和、みずほ、SMBC日興、三菱UFJモルガン・スタンレー、
楽天、松井、マネックス、岩井コスモ、東海東京、東洋、あかつき
BB期間6月13日 ~ 6月17日
抽選発表6月20日
発行株数18,480,000 株
公開株数1,876,400 株
公募: 50,000 株 + 売出: 1,581,700 株 + OA: 244,700 株
(公募内訳:新規株式発行 50,000 株、自己株式処分 – 株)
売出比率,OR売出: 84.3 % OR: 10.1 %
想定価格1,210 円
海外向け販売あり
難易度海外向け販売比率を50%とした場合、
主幹事(野村)の予想抽選枠は、638本(現時点)。
難攻不落の野村だけに、これは厳しい。 f(^^;)

事業内容

 同社は、従来のM&A仲介サービスにテクノロジーを組み込み、効率化を推し進めることでマッチング相手を探索するスピードや成約までのスピードを短縮化し、1社でも多くの企業のM&Aの成約をサポートすることを目標としています。
M&A仲介サービスは、譲渡希望企業もしくは買手候補企業との間でアドバイザリー契約を締結し、マッチング相手探索や、マッチング後のディール進行過程における利害関係者との各種調整業務等のサポートを行い、両者が円満に成約できるよう取引をリードするものであり、M&A成約時に仲介手数料を収受することが主な収益となります。

業 績

回次  第1期第2期第3期
決算年月  2019/92020/92021/9
売上高(百万円)  2003761,328
経常利益(百万円)  714558
当期純利益(百万円)  ▲64368


経常利益とは、企業が通常行っている業務の中で得た利益のこと。
当期純利益とは、一会計期間(通常は1年間)に会社が活動した結果の全収益から、全ての費用・法人税等を差し引いた利益のこと。

手取金の使途

充当先(予定)金額
人員採用費用(運転資金)300,000 千円
17,000 千円
317,000 千円

売出株放出元

株主関係他売出株数
佐上 峻作代表取締役社長1,431,700 株
SMBC信託銀行(特定金外信PKSHA SPARXアルゴリズム1号) 150,000 株
 1,581,700 株

VCの有無

VC : 1

売り圧力

発行株数18,480,000 株
売出株数1,581,700 株
残(株主保有株)16,898,300 株
・180日ロックアップ16,898,300 株
・1.5倍解除①0 株
・ロックアップなし②0 株
上場初日に売却可能性のある株数(①+②)0 株

ストックオプション(新株引受権)

・ストックオプション(行使可能)2,284,944 株(924,000 株)

※行使可能(924,000株)ありますが、ストックオプションはすべて第三者割当増資のため、行使可能は実質0株になります。


では、また (^^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

新型コロナウイルスは、完全には終息しません。
日々基本的な感染防止に努めましょう!!

2つのブログランキングに登録しています。
記事が面白かったら、応援の意味で下記の
バナー」をクリックしてくださいね。(^^)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
分析大好きProf.新城の株式投資【ホイホイIPO投資術】 - にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました