【IPO】ビザスク 承認!!

特徴

マザーズ上場の中型案件。CEOも若いです。事業もこれぞ新興企業と感じる内容ですが、「ビジネス領域特化の日本最大級ナレッジシェアプラットフォーム 『ビザスク』『ビザスクlite』の運営、新規事業創出/組織開発に関するコンサルティング」といわれてもなんのことやらさっぱりです。

ビザスクとは、課題を持つビジネスパーソン(=クライアント)と、専門的な情報や豊富なビジネス経験を持つビジネスパーソン(=アドバイザー)が、「1時間の電話/対面会議(=スポットコンサル)」という形で出会う機会を提供する有料のWebサービス。売り物は個人がこれまでに身につけた専門的な知識やスキルで、それを必要としている人が買う、その仲介役をするビジネス。 端羽代表取締役CEOは「ビジネス(企業の意思決定)に使える知恵袋のようなもの」という説明をされていました。ここまで具体的になるとよくわかりますね。(^^)

事業内容はかなり差別化していて成長性も感じるので、IPO的には人気は出ると思います。ただ、公開株数が多いので、初値の爆上げは難しいかかも?個人的にはVCの売出比率・株数がとても気になります。

今回のビザスク承認記事を書くにあたり、ビザスク代表取締役CEOである端羽英子(はしば・えいこ)さんを調べてみました。どれだけヒットするの!!と思うほどあります。端羽さんの経歴もさることながら、ビザスクは知る人ぞ知る会社だったわけです。

まったく知りませんでした!

社名由来

偉業として運営しているプラットフォーム名(ビザスク)が社名です。これは、ジモティーと同じパターンです。でもビザスクって・・・ですよね!【Vision+Ask+Question】が由来とのことです。

新規上場会社概要

コード:社名7087 株式会社ビザスク  英文社名 VisasQ Inc.
会社URLhttps://visasq.co.jp/
上場承認日2020年2月3日(月)
上場予定日2020年3月10日(火)
上場市場マザーズ
設立2012年3月19日(旧社名:株式会社walkntalk 2014年10月社名変更)
事業内容ビジネス分野に特化したナレッジシェアリングプラットフォームの運営
業種情報・通信
業績売上は伸びていますが、利益は・・・なんとか黒字上場です!
発行済株式総数7,685,000株(2020年2月3日現在)
仮条件決定日2月19日(水)
BB期間2月20日(木)~2月27日(木)
公開価格決定日2月28日(金)
公募株数500,000株
売出株数2,343,200株
OA426,400株
売出放出元VCからの放出 約93.9%(2,200,600株)
ロックアップ筆頭株主の端羽英子(代表取締役CEO)が約52%を保有し90日のロックアップ。VCが90日or1.5倍のロックアップ。
OR39.9% ※3年平均(2016-18)  27.5%
想定価格2,100円
吸収金額約68.7億円(想定価格ベース)
手取金の使途借入金返済及び運転資金(広告宣伝費、採用費及び人件費)
取扱証券会社主幹事:みずほ 平幹事:大和、SMBC日興、野村、東海東京、SBI、マネックス
では、また・・

ランキングに参加中。 記事が面白かった・有益だったと思われたら、 気まぐれに下段の”ひよこ”をクリックしてみてください。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

コメント欄

読者の皆様へ                                      コメント欄に入力していただくと、コメントはメールで管理人(Prof.新城)まで届きます。特別な目的がない限り、記事内に読者様のコメントを表示させることはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました