【雑記】Q&Aに見る「昔も今も変わらない”IPO”」

【№927】

<strong>冒険者</strong>
冒険者

大賢者~!! IPOって昔も今も変わらないのですか?

<strong>大賢者</strong>
大賢者

昔のQ&Aを見つけたら、「現在とまったく同じ」であることがわかったのじゃ!!

16年前の”IPOのQ&A”

 ネットを検索していたら、たいへん古い「IPOのQ&A」を見つけました。質問日は、2005年2月2日。なんと、16年以上前のものです。
※出典は”YAHOOファイナンス!”ですが、質問・回答は要約させていただきました。

ー 質問 -

最近IPOを始めましたが、イー・トレード証券でまったく当選しません。どれくらいの確率で当選するのでしょうか? また、始めてどれくらいで当選するのでしょうか?
※どのような申込方法をされているかは不明。

イート・レード証券とはSBI証券の前身ですが、社名の変遷は以下の通りです。
・2008年07月 SBIイー・トレード証券(株)から(株)SBI証券に商号変更
・2006年07月 イー・トレード証券(株)からSBIイー・トレード証券(株)に商号変更
・1999年04月 大沢証券(株)からイー・トレード証券(株)に商号変更
・1998年10月 大沢証券(株)が、ソフトバンク(株)とE*TRADE Group,Inc.(米国法人)が出資するイー・トレード(株)の100%子会社となる

ー 解答 -

解答1.「イー・トレードは申し込み数が多ければ当選確率が上がる抽選らしい。資金を大量に用意して多くの株数を申し込めば確率が上昇するでしょう。
解答2.「確率ではないです。一応抽選で割り当てると建前では言ってますが、証券会社の裁量です。
解答3.「ひたすら申し込むこと。他の証券会社にも口座を開きより多くの銘柄に参加しましょう。そのうち当たるでしょう、でも必ず儲かるものではありません。
解答4.「確率の問題です。IPOは最近調子がいいので参加者が増えていますが、店頭口座メインの証券会社ではIPOだけを狙うお客様にはまず配分しないため、IPO投資家はほとんどネット証券に流れています。イー・トレードでは、よほどの単位を申し込まないと当りません。また当ったとしても大型増資のつまらないIPOでしょう。

管理人の独り言

 Q&Aの質問者は、「IPO投資のビギナー」さん。解答者は、「それなりのIPO経験者」さんと思われます。

イー・トレード証券はSBI証券に社名を変更しましたが、当時も抽選は「資金枠抽選 = 申込口数比例方式」で、生半可な資金では当選が難しいことがわかります。

16年も前のものですが「現在のQ&Aと同じ」で、IPOを取り巻く状況はまったく変わっていないことになります。証券会社の抽選配分率が大幅に拡大、またはBB参加者の大幅な激減でもないと、当選状況に変化はなさそうです。この調子ならば 10年後20年後のQ&Aも、「IPO当選は多くの証券口座を開設し申し込み続けること」になりそうですね。… あらら f(^^;)

では、また(^^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コロナ感染の拡大。いやになりますね。
気を緩めることなく、ストレスを溜めずに
日々基本的な感染防止に努めましょう!!
貯めて良いのは「IPOチャレンジポイント
・・・あははf(^^;)

手洗いは有効ですね!!

2つのブログランキングに登録しています。
同じカテゴリー(IPO・新規公開株)ですが、
INとPVでは登録者が大きく違います。
・・・ムムムf(^^;)

タイトルとURLをコピーしました