【承認】”GEI” 難易度と売り圧力

【№1088】

“GEI”は、”Green Earth Institute”の銘柄略称です。

<strong>冒険者</strong>
冒険者

SDGs(持続可能な開発目標)17ゴールのうち、6つにかかわる事業を行う会社です。
応援するの意味でも、積極手にBB参加を考えるべきでしょうか?

<strong>大賢者</strong>
大賢者

投資は自己責任、IPO投資も自己責任。
そのことを忘れないことじゃな!!

  当ブログ承認記事のポイントは、以下の3点です。
   ◆社名由来・意味 ⇦ 管理人の趣味です。f(^^;)
   ◆難易度 ⇦ 承認時点の主幹事抽選枠予想から当選難易度を考察
   ◆売り圧力 ⇦ VCの有無と上場初日に売出可能な株式の算出

社名由来・意味

 社名を見れば、”緑の地球 研究所”。なんとなく事業内容の想像がつきますね。f(^^;) 
事業の”バイオファイナリー”とは「再生可能資源であるバイオマスを原料にバイオ燃料や樹脂などを製造するプラントや技術」のこと。”バイオマス”とは、「動植物から生まれた、再利用可能な有機性の資源(石油などの化石燃料を除く)」のこと。

IPO Outline

会社名Green Earth Institute 株式会社 [9212]
本店所在地東京都文京区
上場市場マザーズ
設立年月日2011年9月1日
業種別分類サービス
事業内容バイオリファイナリー技術を活用した、グリーン化学品の開発及び事業化
規模中型IPO(時価総額106.7億円、吸収金額46.8億円)※想定価格ベース
上場予定日12月24日
幹事会社みずほ、大和、SBI、SMBC日興、ちばぎん
BB期間12月8日~12月14日
抽選発表12月15日
発行株数9,123,000 株
公開株数4,416,200 株
公募: 940,000 株 + 売出: 2,900,200 株 + OA: 576,000 株
(公募内訳:新株式発行 940,000 株、自己株式処分 – 株)
売出比率,OR売出: 65.7 % OR: 43.9 %
想定価格1,060 円
海外向け販売あり
難易度海外向け販売を50%とした場合、
主幹事(みずほ証券)の抽選枠は、1,500本。(現時点での予想)
少なくはありませんが、みずほも難攻不落ですね。… ムムム f(^^;)

業 績

単独2017/92018/92019/92020/92021/6
売上高(百万円)5189202334313
経常利益(百万円)▲86▲90▲276▲114▲56
当期利益(百万円)▲90▲176▲289▲116▲58

※2021年6月は、第三四半期までの累計

先行投資に伴う財務影響

 技術開発ベンチャーである当社においては、商用化可能な技術基盤の確立のための、研究開発にかかる投資が重要と考えており、先行的に研究開発設備の導入及び研究開発用消耗品の購入、並びに研究員の増員のための人件費等の費用を先行的に投下しており、2020年9月期までにおいて継続的な営業損失を計上。※2021年6月(第三四半期)も、赤字ですね。f(^^;)


経常利益とは、企業が通常行っている業務の中で得た利益のこと。
当期純利益とは、一会計期間(通常は1年間)に会社が活動した結果の全収益から、全ての費用・法人税等を差し引いた利益のこと。

手取金の使途

充当先(予定)金額
設備投資資金1,110,403 千円
運転資金350,000 千円
1,460,403 千円

売出株放出元

株主関係売出株数
UTEC2号投資事業有限責任組合VC1,392,700 株
PNB-INSPiRE Ethical Fund 1 投資事業有限責任組合VC 243,000 株
ニッセイ・キャピタル5号投資事業有限責任組合VC229,500 株
UMI1号投資事業有限責任組合VC201,000 株
株式会社新生銀行 139,500 株
株式会社キャネット 120,000 株
サンポー食品株式会社 105,000 株
SMBC ベンチャーキャピタル産学連携1号投資事業有限責任組合VC99,000 株
MSIVC2012V 投資事業有限責任組合VC99,000 株
DCI ハイテク製造業成長支援投資事業有限責任組合VC54,000 株
SC Ventures LLCVC49,500 株
みずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合VC49,500 株
ひまわりG3号投資事業有限責任組合VC49,500 株
東京都ベンチャー企業成長支援投資事業有限責任組合VC45,000 株
インターウォーズ株式会社 24,000 株
 2,900,200 株

VCの有無

VC : 12

売り圧力

発行株数9,123,000 株
売出株数2,900,200 株
残(株主保有株)6,222,800 株
・180日ロックアップ3,675,000 株
・1.5倍等ロックアップ解除①1,722,800 株
・ロックアップなし②825,000 株
・第三者割当③(継続所有を確約)825,000 株
上場初日に売却可能性のある株数(①+②-③)1,722,800 株

 1.5倍で解除される株式は、すべてVC所有株です。これを売り圧力とすると、初値は公募の1.5倍を超えるかどうかですね。… ムムム f(^^;)

ストックオプション(新株引受権)

・ストックオプション(行使可能1,273,500 株(1,273,500 株)

 行使可能なストックオプションは 1,273,500株ありまあすが、退職等により 1,264,500株になっています。行使して上場初日から売却してくるかはわかりませんが、1株当たり50円or60円で行使できます。ストックオプションはボーナスのようなものですが、行使タイミングは難しいと聞いています。・・・ あらら f(^^;)


では、また (^^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

新型コロナウイルスの感染者は激減しましたが、
ウイルスが消滅したわけではありません。
日々基本的な感染防止に努めましょう!!

2つのブログランキングに登録しています。

タイトルとURLをコピーしました