【分析】LINE証券のIPOは、野村が主幹事・・・あれれ?

【№1133】

<strong>冒険者</strong>
冒険者

野村證券が主幹事のIPOは、必ずLINE証券の
取り扱いがあると思っていたのですが・・・?

<strong>大賢者</strong>
大賢者

確かにそうじゃな!! 一発、分析をしてみるか?

はじめに

 LINE証券がIPOの取り扱いを開始したのは、7月8日にマザーズへ上場した”コラントッテ”[7792]からで、今年のIPO取扱実績は13社になります。

「LINE証券が委託幹事になるのは、野村證券が主幹事のIPOのはず!!」。ところが、”YCPホールディングス(グローバル)リミテッド”[9257]の抽選結果を取りまとめていたところ、「野村證券が主幹事なのにLINE証券での取り扱いがなかった」ことに気がつきました。あれれ・・・? です。
ちなみに、YCPは野村證券で落選でした。・・・ あはは f(^^;)

「主幹事は野村證券 ⇨ LINE証券が委託幹事」と思っていましたので、今回はLINE証券の取扱IPOを分析してみます。

LINE証券 取扱IPO分析

野村證券(主幹事)IPOとLINE証券の取扱

上場月銘柄略称野村LINE市場海外販売想定価格申込株数割当株数
7月コラントッテM1,000円100株1,720,000株
7月ラキールM1,300円100株1,071,000株
7月アシロM1,120円100株3,867,200株
9月ユミルリンクM950円200株1,174,000株
9月アスタリスクM3,080円100株311,500株
10月PHCHD×東13,700円100株1,921,700株
11月GRCSM3,270円100株293,600株
12月湖北工業東23,840円100株1,806,000株
12月YCP×M790円200株3,533,100株
12月サインド2,940円100株1,252,900株
12月三和油化工業JQ3,030円100株770,000株
12月タカヨシM1,490円100株1,231,100株
12月IGSM1,660円100株1,743,100株

分析結果

 野村證券が主幹事IPOは、13社。このうち、LINE証券の取扱のなかった2社があります。
取り扱いがなかった理由を探るべく表にまとめてみましたが、”PHCホールディングス”・”YCPホールディングス(グローバル)リミテッド”にこれといった共通点が見つかりません。う~ん f(^^;)

仮説ですが、「基本的に、野村證券が主幹事のIPOは、LINE証券は委託幹事として取り扱う」。ただし、例外がある。
 ①野村證券が共同主幹事、または共同主幹事でも筆頭でない場合
 ②IPOが外国株(JDR)の場合

この2つの条件に合致するIPOが承認された際に、LINE証券の取り扱いをチェックしていけば、検証できますね。共同主幹事、外国株(JDR)なんて、あまり出てきませんが、・・・ あらら f(^^;)

しかしですね。今回の分析に何の意味があるのでしょうか? これでIPOの当選確度が上がるとは思えません。管理人は、いったい何を考えているのでしょうか?
しばらく分析をしていなかったので、分析力もダウンしてしまったのか? ・・・と言うか、毎回有益な分析ができるわけないですよ~!! … あはは f(^^;)

では、また(^^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2つのブログランキングに登録しています。
記事が面白かったら、応援の意味で下記の
このブログに投票」をクリックしてくださいね。(^^)

タイトルとURLをコピーしました