【分析】LINE証券のIPO抽選枠が倍増していた!!

【№1134】

<strong>冒険者</strong>
冒険者

LINE証券のIPO抽選枠が、倍増したって本当ですか?

<strong>大賢者</strong>
大賢者

しょぼい抽選枠なんじゃが、分析したら「倍増」していたのじゃ!!

はじめに

 昨年12月から大和証券グループのCONNECTが委託幹事としてIPOを取り扱い始めました。抽選枠(=当選本数)の実績を調べたら、あれ~!! 委託幹事としてはあり得ないほど抽選枠が多い。大和証券が主幹事の場合、平幹事レベルの抽選枠があるのです。

昨年の11月に「【分析】衝撃!! なんだ!! この証券会社は!?」の記事をアップしました。記事を読まれた読者様が、早速CONNECTの口座開設をしてBBに参加した結果、「当選しました!!」とのコメントを多くいただけました。ブロガーとして、これ以上の喜びはありません。!(^^)!
※CONNECTの抽選枠は、「【分析】CONNECTの実態」にまとめてあります。

しかし、口座開設数も多くなったのでしょう。最近は、CONNECTでの当選報告をネットであまり見かけません。「口座開設数の増加⇨競争の激化」ですから、当然の結果です。

 さて、CONNECTに続いて、LINE証券がIPOの取り扱いを開始。二匹目のドジョウを狙うべく、LINE証券の口座開設をされた読者様も多かったのではないでしょうか?
LINE証券がIPOの取り扱いを開始したのは、7月8日にマザーズへ上場した”コラントッテ”[7792]から。7月には、”コラントッテ”の他に、”ラキール”[4074]、”アシロ”の[7378]取り扱いもあり、ワクワクしながら抽選結果を待たれたここと思います。

ところが、LINE証券の抽選枠はCONNECTとは違い、本当に委託幹事レベル。肩透かしもいいところです。この抽選枠では、当選できるとは思えないほど少なかった!!
※LINE証券当選枠は、「【衝撃的!!】LINE証券抽選枠の実態分析」にまとめてあります。

LINE証券 抽選枠分析

 「【衝撃的!!】LINE証券抽選枠の実態分析」にも書いたように、IPOブロガー(IPOウオッチャー)としては、このLINE証券の抽選枠を継続していかねばなりません。「継続こそ力なり」ではなく、「継続こそ分析なり」です。… あはは f(^^;)

ー 野村證券、LINE証券 抽選枠実績 -

  野村證券LINE証券
上場月銘柄略称割当株数配分総単元数抽選枠抽選枠
7月8日コラントッテ1,720,000株14,714本1,582本16本
7月17日ラキール1,071,000株8,928本985本10本
7月20日アシロ3,867,200株33,478本3,557本36本
9月22日ユミルリンク1,174,000株10,018本180本22本
9月30日アスタリスク311,500株2,658本286本6本

※データ参照元
野村證券の割当株数は、目論見書より抜粋
野村證券の配分総数(実績)・抽選枠(実績)および、LINE証券の抽選枠(実績)は、日本証券業協会「新規公開に際して行う株券の個人顧客への配分状況 2021年9月中報告」より抜粋

LINE証券は、相変わらずの抽選枠です。これでは当選できるとは、到底思えません。しかし、確度を変えて分析したら!! … あらら f(^^;) な結果が出ました。

ー 野村證券とLINE証券の対比 -

 比率①比率②比率③
コラントッテ0.09%0.11%1.01%
ラキール0.09%0.11%1.02%
アシロ0.09%0.11%1.01%
ユミルリンク0.19%0.22%2.04%
アスタリスク0.19%0.23%2.10%
・比率① LINE抽選枠(実績)÷(野村割当株数÷100株)
・比率② LINE抽選枠(実績)÷ 野村配分総単元数(実績)
・比率③ LINE抽選枠(実績)÷ 野村抽選枠(実績)


 LINE証券抽選枠は、しょぼい。しかし、対比で分析したら確かに抽選枠が倍増しています。9月だけ特別だったのか? 継続してチェックしていく必要がありそうですね。f(^^;)

なぜ倍増したのでしょうか? LINE証券の抽選枠があまりにも少ないという実態については、管理人を含め多くの著名ブロガーさんも記事にしています。
もしかしたら、それらの記事をLINE証券のIPO担当部門が見たのかもしれません。これはマズイ!! と言うことで、野村證券と交渉した結果なのか?

ないとは思いますが、本当にあったらIPOブロガーは、ブログの読者様に有益な存在なのかもしれません。読者の皆様~!! 毎回読むだけでなく、たまにはコメントをくださいね。… あはは f(^^;)

LINE証券攻略法

 これほど少ない抽選枠では、当選できるとは到底思えません。しかし、あえて攻略法をIPO抽選ルールで考えると以下のようになります。

①当選後のキャンセル不可のため、公募割れリスクのある(と思える)IPOには、申し込まない!!

これから狙えるのは、”IGS”ぐらいでしょうか?

上場日銘柄略称BB期間評価野村證券割当株数LINE抽選枠予想
12月23日三和油化工業12/7~13770,000株14本
12月24日タカヨシ12/8~141,31,100株23本
12月29日IGS12/13~171,743,100株33本

※LINE証券の予想抽選枠は、今回の分析を踏まえた最新の予想です。

②申込口数は最低2口以上で申し込むべし!!
 
※LINE証券の「募集等に係る株券等のお客様への配分に係る基本方針」には、たいへん興味深い記述があります。

抽選にあたっては、お客様の購入申込みに対して、当社システム内で機械的・無作為に抽選番号(乱
数)を付し、当該抽選番号を対象に抽選を行います。なお、最低申込単位(原則として 1 単元とな
ります)以上の購入申込みをされたお客様については、最低申込単位ごとに別々の抽選番号が付さ
れます。


 単純に考えれば、申込口数に応じて抽選番号が付くのですから、「申込口数が多ければ多いほど当選確度が上がる」です。
100株(1口)の申込が多いと想定されるので、最低倍の2口で申し込むのが良いでしょう。資金も倍必要になってしまうのですが、… あはは f(^^;)

読者様の中に、もの凄いお金持ちがいらっしゃったら、「数億円の資金での申込」も面白いかもしれません。もし、それでご当選されたのなら、是非とも当選報告のコメントを送って下さい。即、LINE証券分析記事をとして、アップさせていただきます。… あはは f(^^;)

 抽選枠が倍になったからと言っても、決して多くはありません。効果的・効率的な申込手法で言えば、LINE証券はお勧めはできません
しかし、IPOは落選しても資金は減りません。「数撃ちゃ当たる戦術」をとられている読者様には、抽選枠の倍増は口座開設のチャンスかもしれません。もし、口座を開設するなら、下記の広告からしていただけると管理人は助かります。と言うことで、久々にアフリエイト広告を掲載してみました。… あはは f(^^;)

では、また(^^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2つのブログランキングに登録しています。
記事が面白かったら、応援の意味で下記の
このブログに投票」をクリックしてくださいね。(^^)

タイトルとURLをコピーしました