【雑記】上場日に、あの鐘は何回鳴るのか?

【№1147】

<strong>冒険者</strong>
冒険者

今まで気にしなかったのですが、
あの鐘は何回鳴るのでしょうか?

<strong>大賢者</strong>
大賢者

今週は、6社・7社同日上場もある。
何回鳴るのか調べてみるか?

上場時の鐘は、何回鳴るのか?

 読者の皆様もご存知の通り、上場時のセレモニーとして、東証アローズで打鐘(だしょう)があります。この鐘は「上場の鐘」と呼ばれていて、慣習として企業が新規上場する際に、企業の繁栄を願って鐘を鳴らします。(^^)

普段はあまり気にすることもなかったのですが、今週(12月20日~24日)上場する会社は24社もあります。「今週あの鐘は、何回鳴るのか?」が、気になりました。

鐘を鳴らす回数は、1社5回と決まっているそうです。その由来は「五穀豊穣」の「五」。会社が豊かに成長するようにと願いが込められているとのこと。
何かと由来を調べる癖が、ついてしまいました。… あはは f(^^;)

 しかし、上場の鐘は、今週 24社×5回=120回も鳴らされるわけです。22日は6社、24日は7社の同日上場なので、1日に30回、35回。東京証券取引所・東証アローズ内でお勤めをされている方々は、耳の痛い一週間になるのではないでしょうか? 耳栓を用意してたりして、… f(^^;)

※東証Arrows(東証アローズ)とは、東京証券取引所内にある情報提供スペースのこと。

セレモニーの時間は大丈夫?

 セレモニーは、鐘を鳴らすだけではないはず。6社・7社同日上場したら、セレモニーは1日で終わるのでしょうか? 心配になってきました。… あらら f(^^;)

セレモニーの内容は、「アローズオープンプラットフォームにて、上場通知書贈呈式・写真撮影」と、「VIPルームにて、打鐘」がメインで20分間。
しかし、セレモニーゲスト(新規上場会社の役員)は、その前に特別応接室(15階)にて東証役員と名刺交換・懇談会を行います。また、セレモニー後は、ストックボイスへの代表出演記者会見もあります。※ストックボイスはTV番組

過去に上場した会社のスケジュールを参考にさせていただくと、セレモニーゲストは15階の控室へ(12時50分)から始まり、全行程終了は16時00分。なんと、3時間10分もかかっています。

相場は、9時~15時までの6時間(昼休み1時間を含む)。打鐘のあるセレモニー(メイン)の時間(移動時間を含む)を30分とすれば、何とか時間内には終えられそうです。良かったですね。f(^^;)

ちなみに、参考にさせていただいた会社は、「3社同日上場」でのスケジュールでした。6社・7社同日上場の22日・24日は、更にタイトなスケジュール。鐘の回数以上に、終日分刻みの1日になりそうです。… あらら f(^^;)

人で溢れかえる東京証券取引所。コロナ感染が出たら ・・・ ? 当然、感染防止対策を取られていることでしょう。・・・ というか、最近物騒な事件が多いので、何事もなく無事に終わって欲しいものです。

では、また(^^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2つのブログランキングに登録しています。
記事が面白かったら、応援の意味で下記の
このブログに投票」をクリックしてくださいね。(^^)

タイトルとURLをコピーしました