【分析】7社同時上場 資金はどこに集中したのか?

【№1148】

<strong>冒険者</strong>
冒険者

7社同日上場です。
資金の分散は避けられないと思いますが、
どの銘柄に集中したのでしょうか?

<strong>大賢者</strong>
大賢者

初値騰落率と初値売却率、および売買代金の
相関性を分析してみるか!!

はじめに

 本日の上場は6社ですが、昨日寄らなかった1社を含めて、実質の同時上場は7社。同日上場がこんなにあるケースは稀なので、資金がどう集中・分散したかをまとめてみました。

また、管理人は、初値売りについて時間をかけて分析しています。目的は、IPO投資では「公募当選したら、初値売りが基本」という考えもありますが、本当にベストなのかを検証したいからです。

初値売り(買い)の状況

ー 初値売却率から見た初値売り状況 -

順位銘柄初値騰落率公開株数出来高(初値)初値売却率
1ラバブルマーケティンググループ+284.5%363,800株318,100株87.4%
2サクシード+7.1%862,500株377,300株43.7%
3網屋+6.6%1,184,000株494,400株41.8%
4THECOO▲15.3%575,800株164,700株28.6%
5サインド▲8.0%1,541,000株273,100株17.7%
6Finatextホールディングス▲23.3%17,796,900株2,889,700株16.2%
7リニューアブル・ジャパン▲7,6%5,256,600株513,800株9.8%

 
 人には儲けたい心理、損をしたくない心理が働くのでしょう。「公募<初値」だったら、初値売り。しかし、本当はもっと儲けたい。

★”ラバブルマーケティンググループ”に公募当選され初値売りをされた読者の皆様は、おめでとうございます。終値がストップ安であったことも含め、初値売りは最高の形でしたね。!(^^)!
心理面として、ここまで初値が高騰したので、初値売りで十分。株価が更に高騰するより、下落するリスクを感じられた結果と考えます。なんと、初値売却率87.4%です。

★”サクシード”、”網屋”の初値は微妙でした。もっと儲けたいという心理が働いたのでしょうか? 結果論で言えば、”サクシード”の終値は、初値から▲15.7%で公募割れ。”網屋”の終値は初値から▲5.3%で、公募割れは免れましたが、利益はほとんどなくなってしまいました。(>_<)
「初値売りをしておけば良かった!!」と思われた方は、かなりいることでしょう。f(^^;)

★初値が公募割れしそうな気配値の場合は、損切り覚悟で初値売りをすべきか悩みます。初値が公募割れした、”THECOO”、”サインド”、”Finatextホールディングス”、”リニューアブル・ジャパン”の初値売却率にその行動心理が見て取れます。
なんとか公募まで戻って欲しい(リカバリーしたい)という思いがあるのでしょうか? 結果は、ほとんどの方が初値売りをしていません。
しかし、”THECOO”・”Finatextホールディングス”の終値はストップ安と無残な結果に終わりました。あ~!! 損切りになっても、初値売りを断行しておけば ・・・。ですね。f(^^;)

★読めなかったのは、”リニューアブル・ジャパン”の終値で、なんとストップ高です。このIPOは逆に、最も初値売りがされなかった銘柄です。初値売りしなくて、良かったですね。(^^)

初値売りの良し悪しは、初値騰落率と初値売却率からは分析できそうもありませんが、この売却率からIPO投資家の行動心理が見えるような気がします。(^^)

 なお、「初値売りは、初値買い」でもあります。初値時の出来高が最大なのは、Finatextホールディングスの2,889,700株。初値の騰落率も最低だったので、上がると考え初値買いをしてみたものの、終値はストップ安。あれ~!!
逆に、初値が公募割しながらもストップ高で終わったリニューアブル・ジャパン。あれ~!!
やはり、セカンダリーは難しいですね。
ちなみに、管理人は今回の実質7社同日上場に何が起こるかまったく見えなかった(恐ろしかった)ので、いっさいセカンダリーには参戦していません。f(^^;)

どのIPOに資金が流れたのか?

ー 売買代金一覧 -

  初値終日
銘柄公開株数出来高売買代金出来高売買代金
Finatext17,796,900株2,889,700株28.6億円①6,371,200株60.1億円②
ラバブルマーケティング1,181,300株318,100株15.4億円②369,700株17.8億円⑦
網屋1,184,000株494,400株10.4億円③3,083,300株64.3億円①
THECOO585,800株164,700株10.0億円④642,000株36.9億円④
リニューアブル5,256,600株513,800株8.5億円⑤2,512,100株46.3億円③
サインド1,541,000株273,100株8.2億円⑥1,107,400株33.6億円⑤
サクシード862,500株377,300株6.3億円⑦1,663,200株25.6億円⑥


★初値で最も勢いがあったのは、”Finatextホールディングス”。安く入ったので、買いが集まりましたね。初値後に売り買いが錯綜し、終日の売買代金も2位の60.1億円。終値はストップ安ですが ・・・。

★初値時は大人しかったのですが、終日を通して売買されたのは、”網屋”。初値後に53.9億円も売買されています。これは、公開株数と出来高(終日)との比較からもわかります。”網屋”が、いかに売買されたのかがわかります。売買代金・出来高が良かったのに、株価は冴えませんでしたね。f(^^;)

★意外なのは、”リニューアブル・ジャパン”。公開株数はけっこうあります。需給から言えば、ストップ高になるような銘柄ではなかったのですが、・・・ わからないものです。f(^^;)

管理人の独り言

 資金の集中度合、初値騰落率、初値売却率に何か相関性が見えるかと思いましたが、何も見えてきません。毎回、分析で結果が出るものでもないのですが、… あらら f(^^;)
次回、24日(7社同日上場)のデータを集め、比較してみることにしましょう。(^^)


では、また(^^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2つのブログランキングに登録しています。
記事が面白かったら、応援の意味で下記の
このブログに投票」をクリックしてくださいね。(^^)

タイトルとURLをコピーしました