【雑記】”頭の体操” この計算できますか?

【№1385】

<strong>冒険者</strong>
冒険者

「この計算できますか?」って何ですかこれ?

<strong>大賢者</strong>
大賢者

相場もない、IPOもない土曜日じゃ!!
頭の体操として読んでくれれば、それで良いのじゃ!!

この計算できますか?

9 ー 3 ÷ 1/3 + 1 = ?

とりあえず答えを出してから、次に進んでくださいね。(^^)

はじめに

 この問題を知っている読者様も、いらっしゃるだろうと思います。 これは、6~7年ほど前に、ネットで話題となった問題です。

2014年度に神戸大学や同志社大学などの研究グループが、東証一部上場の製造業9社に在籍する主に20代の技術者1226人を対象に「ものづくりの競争力」の調査を実施しました。出題した問題は「小学生の中学受験レベルで、計算問題においてはかなりやさしい問題」で、上記の問題は、算数と理科・物理、技術用語に分けて、11問を設けた中の1つです。

結果を言うと、この計算問題では、正答率が6割を切りました。
四則計算の優先順位がわかれば、正答を導き出せる初歩的な問題だが、技術者にはそれがわからなかった」との研究グループコメントでした。

実は、この「9-3÷1/3+1」の計算問題は、四則計算、とくに分数への理解力をみるための類型問題とされ、ある製造業企業が高校や大学を卒業したばかりの新人技術者に行っていた算数テストにも出題されていました。
中部経済連合会の「日本のものづくりの競争力再生と産業構造転換の推進」(2012年2月)に若手労働者の学力・能力低下の事例として盛り込まれ、その製造業企業の技術者の正答率は4割しかなかった。この企業では毎年、同様の算数テストを実施しており、1980年代の正答率は9割だったそうです。

ネットで盛り上がった背景

 しかし、当時この問題はネットで「意味がわからない」と盛り上がりました。「9-3÷1/3+1」で検索すとと、いろいろとヒットしますよ。(^^)

「9 ー 3 ÷ 1/3 + 1」を 「9 ー (3 ÷ 1 ÷ 3) + 1」と考えると、答えは「9 ー (1) + 1」で「9」ですが、不正解!! (>_<)

「1/3」を、そのまんま「1÷3」と考える方もいらしたということです。出題者からすれば「1/3」は、「3分の1」が常識でしょ!! と、思っていたようです。これは、表記上やむをえずだったのですが、むしろわかりにくくなってしまったようです。f(^^;)

正解は?

 「9 ー 3 ÷(1/3)+ 1 」※補足:(1/3)は、「3分の1」のことです。・・・ と出題すれば良かったのかもしれません。

答えは「1」

「3÷(3分の1)」は、分数の割り算。ということは、「逆さまにして掛け算する」と習ったような?
(3分の3)×(3分の1)は、ひっくり返して分子と分子・分母と分母をかけるので「9分の1」で「9」。
「9 ー (9) + 1 = 1」となります。

なお、3の3分の1は「1」と感覚的に思ってしまいますが、「3 ×(3分の1)」と掛け算をしています。問題は、「3 ÷(3分の1)」の割り算なのです。


相場もない、IPOもない土曜日です。頭の体操ということで、雑記をアップしてみました。

では、また (^^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2つのブログランキングに登録しています。
記事が面白かったら、応援の意味で下記の
バナー」をクリックしてくださいね。(^^)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
分析大好きProf.新城の株式投資【ホイホイIPO投資術】 - にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました