【分売】立会外分売を始めて3年目

今回は立会外分売の記事です。分売の説明というよりも、私の経験談です。

立会外分売を始めたきっかけ

 IPOを始めたことはよいが、さっぱり当選しない。〔始めた当時は、2社しか証券口座を持っていなかった〕 IPOブログを読んで勉強してみると、”多くの口座を開設して申し込む”と書いてあるのでその通りにしてみた。それでも当選しない。〔IPOの当選が難しいことが、だんだんわかってきた〕 そのうちネットで”立会外分売”を見つけたので読んでみると、分売の抽選はIPOより当選しやすいと書いてあるではないですか!!

口座を新たに開設するのであれば、分外をやってみることはなかったと思います。IPO目的で開設した証券口座が使えたことが大きかったわけです。ざっと、こんな感じです!!

ネット申し込み可能な証券会社

 IPO立会外分売備考
野村證券 
大和証券×分売の取扱はあるが、電話申込
SMBC日興証券× 
みずほ証券×分売の取扱はあるが、電話申込
三菱UFJモルガン・スタンレー証券× 
岩井コスモ証券×分売の取扱はあるが、電話申込
丸三証券 
SBI証券 
楽天証券 
マネックス証券 
松井証券 
岡三オンライン証券× 
ライブスター証券 

実際に分売をやってみると

 購入希望者が多いので抽選になる点、当選しても100株(になることが多い)の点、購入時の手数料は無料の点はIPOに似ていますが、実際にやってみるとぜんぜん別ものです。

立会外分売の特徴は、 ローリスク・ローリターン。IPOのローリスク当選すればハイリターンとはちょっと違います。分売はけっこう忙しくて、分売当日の8時30分(締切が最も遅い会社)で申し込みが締め切られ、8時50分頃には結果が出ます。当選(=約定済)すれば、9時から売却が可能。ひたすら申し込んで、当選したら9時に売るやりかたをされている投資家も多いと思われます。私もその中の一人ですが、分売の利益は数百円~数千円くらい。IPO当選時の利益とは雲泥の差です。しかし、IPOと比べると当選しやすい。う~ん?

2019年 Prof.新城の実績

分売発表分売実施申込回数当選回数当選率
108社106社44回20回約45%

当選回数は累計です。複数社当選も当選回数にカウントしています。

分売はローリスクですが、 リスクがないわけではありません。 9時から相場が開始されても、分売で購入した銘柄の株価が分売価格以下というケースもあります。それでも分売もやってみるとそれなりに面白いです!! 売り時のタイミングを見計らうのは難しいですが、ずっと株価画面を見ていると”気分はデイトレーダー”。本物のデイトレとは異なります・・・気分だけです(^^;)

面白くても”日中勤務されている方”には時間的に厳しいものがありますので、残念ですがお勧めはできません。お仕事がんばってください!!

今回は、IPOより儲からないけど、当選だけはしやすい分売の話でした。

では、また・・・(^^)/~~

ランキングに参加中です。記事が面白かったら下記のバナー”ひよこ”をクリックしてください。クリックするとランキングブログが開きます。無理にクリックする必要はありません。(^^;)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

コメント欄

読者の皆様へ                                      コメント欄に入力していただくと、コメントはメールで管理人(Prof.新城)まで届きます。特別な目的がない限り、記事内に読者様のコメントを表示させることはありません。

タイトルとURLをコピーしました