【考察】IPOは、意外と難しい? “マイクロ波化学” 公募割れしたのにストップ高!!

【№1425】

<strong>冒険者</strong>
冒険者

公募割れしたのにストップ高で終る。
こんなことって、あるのですか?

<strong>大賢者</strong>
大賢者

IPOも難しいな!!

IPO投資は、簡単?難しい?

 IPO投資は、実に簡単です。「機械的に申し込んで、当選すれば初値売り。ただし、闇雲に申し込むのはNG。公募割れリスクの高そうなIPOへの申込は、慎重に検討すること」。以上が、基本的なオペレーション。

しかし、実際に行ってみると、難しい局面が多々あります。それは、「公募当選したIPOの初値が、公募近辺(公募割れを含む)になりそうな場合の売却のタイミング」。
本日上場した”マイクロ波化学”。公募割れしたのに、ストップ高で終わりました。結果的には、損失は軽微ですが、初値売りは失敗だったことになります。※あくまで、結果論です。

初値高値安値終値出来高
550 円650 円539 円650 円5,991,600 株
▲9.1%+7.4%▲10.9%+7.4%⇦ 公募比


そもそも、公募割れを想定できましたか? ストップ高を想定できましたか? ”マイクロ波化学”も、初値後の株価は乱高下するというIPOそのものですが、公募割れしたIPOがストップ高になるなんて、普通考えれられません。
どちらかといえば、公募割れしたIPOは、その後ズルズルと下落してしまうので、管理人が公募当選していたら、初値売りをしました。f(^^;)

“マイクロ波化学”の初値売却率は?

公募初値騰落率初値売却益
605 円550 円▲9.1 %▲5,500 円

※初値売却益は100株の売却で、手数料を考慮していません

 公開株数初値出来高初値売却率
全体(海外含む)3,486,600 株1,145,800 株32.9 %
国内2,152,100 株1,145,800 株53.2 %

※当ブログでは、便宜上「初値出来高 ÷ 公開株数」を初値売却率としています


昨日上場した”ジャパンワランティサポート”の初値は、▲9.8%の公募割れ。初値売却率は27.5%と少なかったのですが、終値は公募の▲24.7%まで下落しました。

ここまで下落するなんて、悪夢です。これが影響したのか、”マイクロ波化学”の公募(605円)は、”ジャパンワランティサポートの公募(1,640円)の約40%しかないのですが、“ジャパンワランティサポート”を上回る初値売却率です。
“ジャパンワランティサポート”の再現は、回避したい」の初値売りだったのかもしれません。「初値売りしても大した損失ではないので、初値売りはしない」という考えもありましたが ・・・ 。f(^^;)

結果論で言ってはいけないのでしょうが、IPO投資、特微妙な初値での売却タイミングは難しいですね。

・・・ と、偉そうに書きましたが、今度は管理人の番です。
管理人は、27日上場の”イーデーピー”(公募:50万円)と”サンウェルズ”(公募:19.4万円)に公募当選しています。
初値が公募付近になりそうだったら? いや、いや、公募割れしそうだったら? 初値売りは、どうしましょうか? う~ん f(^^;)


では、また(^^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2つのブログランキングに登録しています。
記事が面白かったら、応援の意味で下記の
バナー」をクリックしてくださいね。(^^)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
分析大好きProf.新城の株式投資【ホイホイIPO投資術】 - にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました