【えっ!!】「始めてからどれくらいで、IPOに当選できるのか?」の正解!!

【№1455】

<strong>冒険者</strong>
冒険者

この質問に正解があるのですか?

<strong>大賢者</strong>
大賢者

それが、あるのじゃ!!

よくある質問

 IPOに関する質問に、「始めてからどれくらいで、IPOに当選できますか?」というのがあります。IPO投資を始めてみたい方にとって、これは最も知りたいことでしょう。(^^)

一般的には、「IPOの抽選に申し込んで1回目で当選する方もいれば、何十回申し込んでも当選しない方もいる」ので、「IPOの当選は運次第なので、いつ当選できるかわかりません」になります。

実はこれ、条件付きですが、正解があるのです。f(^^;)

考え方・計算式は?

 確率で計算すると、条件付ですがこの難問に回答できます。条件とは「当選確率を固定する」、つまり「当選確率が〇%ならば ・・・」という条件が付きます。

考え方はいたってシンプルで、「1回あたりの当選確率と繰り返しの回数から、1回以上当選する確率を算出する」。計算式は、「「1 - (1 - 当選確率) ^ 回数」。「^」は自乗です。
「1 - 当選確率」がハズレの確率で、 それを繰り返し回数分かける(自乗する)ことで、ハズレ続ける確率が算出できます。そして最後に 1(=当選)から「ハズレ続ける確率」を引けば、「ハズレ続けなかった確率」 つまり「1回以上当たる確率」が算出できます。

何回申し込んだら?

当選確率1%の場合、どれだけ申し込んだらIPOに当選するかといえば ・・・ 。

申込回数と1回以上当選する確率
(当選確率1%の場合)

申込回数当選確率申込回数当選確率
50回39.5%400回98.2%
100回63.4%500回99.3%
200回86.6%600回99.8%
300回95.1%647回99.9%

※小数第一位で四捨五入

管理人の独り言

 「始めてからどれくらいで、IPOに当選できますか?」という質問には、「私は ・・・」の意味が含まれています。IPOの当選は運次第ですが、質問された方にどれくらいの運があるかはわかりません。
では、最低の運しかなかった場合は ・・・ 。もう読者様には、おわかりですね。

「始めてからどれくらいで、IPOに当選できますか?」という質問への正しい解答は、「仮にIPOの当選確率が1%の場合、運があれば1回目の申込で当選できるかもしれないが、どんなに運がなくても647回申し込めば1回は当選します」になります。※99.9%=1(当選)とする

不確実性極まりない「運」に左右されるのが、IPO投資の実態です。実際、50回連続して落選はけっこうありますので、上記の「1回以上当選する確率」はあくまで計算上ですが、けっこう当たっていると思います。IPO投資を始めて3ヶ月。「落選ばかりで、心が折れた!!」 心中お察ししますが、「1回以上当選する確率」を見る限り、1年?(100回)くらいは継続してみてはどうでしょうか。

最後に ・・・
上記の「1回以上当選する確率」は、申込回数が増えると限りなく1(=当選)に近づきますが、1にはなりません。今回は、99.9%=1として考えています。
仮にIPO愛好家が10万人いた場合、647回申し込んでも当選できない方が100人(0.1%)いることになります。この辺は、突っ込まないでくださいね。f(^^;)


では、また(^^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2つのブログランキングに登録しています。
記事が面白かったら、応援の意味で下記の
バナー」をクリックしてくださいね。(^^)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
分析大好きProf.新城の株式投資【ホイホイIPO投資術】 - にほんブログ村