【IPO】中止/延期した企業の近未来は?

 久々にIPOネタです。とはいっても、新規承認ではなく、中止/延期した会社の話。
ニュース等を見られた読者の皆様も多いと存じます。ニュースの内容は、オンラインスナックではありませんが、アバターを相手にした飲み屋さん。モニターに映るアバターと会話をしながら、一杯。アバターの向こうには、対応している人がいます。お客様の反応はといえば、アバターのほうが話しやすいという意見もあり。う~ん(^^;)、でも面白そう。
もうひとつは、スーパーの中の特設コーナーの映像。いわゆる、売り子さんがサンプル食材を手にいかがですか~!と言っている、”あれ”です。
売り子さんは、(モニター上の)アバターです。実際の売り子さんは、○○○㎞先でアバター を操作しているわけです。ニュースに映った「ゴーグルつけて何もない空間に、一生懸命身振り手振りでしやべっている(実演している)姿」は、不気味でした。あはは・・・(^^;)

管理人は思わず、上場を中止/延期したあの会社を思い出しました。コパ・コーポレーションです。この会社の事業は、”実演販売を利用した卸売業”。最大の売りは、”ベテラン販売員による実演販売”です。
ベテランといわれる販売員の能力とは、何でしょうね? ”面白トーク”はもちろんですが、”お客様の反応に対応した臨機応変さ”ではないかと管理人は考えます。

 では、アバターで実演販売は可能でしょうか? 可能と考えます。コロナ以前であれば、実演販売は、面白おかしく話す販売員がいるのが”当たり前”だったのですが、三蜜を避けるために現状では開催ができません。新型コロナウイルスが蔓延している現状下で、お客様の前にいるのは販売員でなく、モニターに映った面白おかしく話すアバターであることに、違和感を感じませんでした。お客様の反応を見るのは、カメラ・マイクの数・位置等でなんとかなりそうです。

実演販売は人間がやってなんぼ!つまりリアルが売りなのですが、ITを活用することはいくらでもできそうです。会社にもメリットはあります。派遣する店までの時間・場所の制限がなくなります。今、札幌で実演販売していますが、終了後は那覇のお店で・・・、が可能になるわけです。
イメージとしては、「ジャパネットたかた」が”人”ではなく”アバター”・・・みたいな。いまさらですが、ジャパネットたかたのキャラクターもアバターといえなくないですね。(^^;)

このように考えれば、コパ・コーポレーションの事業内容は、”実演販売を利用した卸売業”から”ITを使った実演販売を利用した卸売業”へ変化していくかもしれません。
実演とは何か?ですが、お客様の反応が実演者に手に取るように伝わり、即トークで返すことができれば、バーチャルとリアルの差は何でしょうね。お客様の反応を即返せることが販売員の力量ならば、そこはコパ・コーポレーションの販売員の実力なので、そう簡単に他社に真似できることとも思えません

 アバターがしゃべる。そんな実演販売は、変だ!おかしい!違和感あり!とお感じになられる方も多いと思います。しかし、それもありと感じる方もいると思います。なんといっても、あの”初音ミク”さんとご結婚された方もいる時代なのです。
そんなに簡単には変わらないかもしれませんが、コロナは社会が大きく変化する契機になるかもしれませんね。・・・ムムム(^^;)

では、また(^^)/~~

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
読者の皆様もコロナに感染しないよう細心の注意をお願いいたします。

2つのブログランキングに登録しています。同じカテゴリー(IPO・新規公開株)ですが、登録者数が異なり、順位も異なります。面白いものです。(^^)

人気ブログ登録(133サイト) 日本ブログ村登録(675サイト

お問い合わせ・コメントは
下記までお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました