【IPO】審査申請日は? フィーチャ承認

 証券取引所のマザーズ上場審査期間は、2ヶ月を目安として実施されます。フィーチャは、いつ上場の審査申請をしたのでしょうか? 承認日は5月21日なので、逆算すれば申請は3月21日。この日は土曜日だったので、おそらく23日(月)に申請したかな?
この辺で何があったかといえば、 3月19日(木)の日経平均1万6,358円。現在のところ、2020年の日経平均最安値。これが底値かといえば、いやいや二番底も十分ありえたわけです。
また、3月19日時点での上場中止/延期は【7社】。※最終的には18社が中止/延期。
先がまったく見えない市況から考察すれば、この時期の申請はあり得ないといっても過言ではないでしょう。
ここから考えられることはひとつ。問題なく上場できるという自信があり、公開株数・想定価格などは、入念に検討尽くした結果
偶然かもしれませんが、この3月19日に上場したのは、公募490円の関通。上場後の高騰も凄く最高値4,680円(4月21日)。もう少しで公募のテンバガー。
また、26日に上場した同じIT系のサイバーセキュリティクラウドの最高値は45,050円。同じ4月21日なんですよ! これは公募4,500円のテンバガーを達成!(^^)

当選したら初値売却しなくても・・・

 ここから考えると、フィーチャはそれなりに期待できます。多少地合いが悪くとも、 申込可能な会社から全力で申し込むべし! 運よく当選したならば、セオリーを曲げて初値売却しなくともいいのではないか!
残念なのは、いたずらに取扱会社が11社もあり、またネット申込可能は7社しかないということ。 仮に公募が600円で初値上昇率100%以上・・・。初値売却益は6万円以上・・・。初値売却せず、我慢してみるのも手だと思います。あくまで管理人の妄想ですよ~!・・・ムムム(^^;)
公開株数を見れば、6,670人に当選が出ることになります。さてさて、初値売却は何人かな?
注:申込可能な会社から全力で申し込むべし!と書きましたが、これは気合いであり、現実には主幹事以外では普通当選しません。あしからず。(^^;)

特徴

 マザーズ上場の吸収金額5億円未満の超小型IPO。画像認識→自動運転→自動車市場→ お客様はトヨタコネクティッド、デンソーテン。自動運転のテーマ性もあり、優良IPOですね。(^^)
しかし、そういったことは、どのサイト・ブログでも書いてあるので、別なネタを!

 フィーチャは、当初クワンタービューという社名だった。2017年に社名をフィーチャに変更したが、クワンタービューの時、画像認識技術を用いた新規事業の立ち上げを行う事になった。最初はスマートフォンやテレビ向けに、ジェスチャー認識のサービスを企画・開発を行ったが事業としてはうまくいかなかった~技術的には革新的で面白いものの、肝心のニーズがなかった~
画像認識技術が本当に求められる分野がどこかと考えた。「安全のためのセンシング技術」というテーマにいきついた。市場として日本がグローバルでも優位に進めている自動車分野。車載向けの画像認識に事業転換した。狙いは当たった~。(^^)

プロジェクトX~挑戦者たち~ ナレーター田口トモロヲの原稿ぽく書いてみました。(^^;)

面白いのは、この会社は世界トップレベルの技術を持っていたが、当初の事業はうまくいかなかった。事業転換をしたら成功し今回上場することになったが、従業員が20名しかいないとても小さな会社。いってしまえば、それまでですが、創業から上場までにはいろいろあったのですね。(^^;)

社名由来

 社名の由来(意味)がいまいちわからないので、事業内容から推察を・・・。
フィーチャとは、ArcGISでは、現実世界にある消火栓や道路、建物などをベクター データ化した個々の地物をいいます。・・・っていうか、聞きなれない単語ばかり出てきますね。(^^;)
ArcGIS ”GIS”は”Geographic Information System” の略で、日本語では「地理情報システム」。
ベクター データ 現実世界に存在する地物(目に見えないものも含む)を”ポイント(点)”、”ライン(線)”、”ポリゴン(面)”の3つの要素で表現したもの。地図上の物(地物)をどの図形で表現すべきかといったほうがわかりやすく、点:電柱、信号・・・。線:道路、鉄道、排水管・・・。面:建物・・・。
なんとなく、事業の画像認識もあり、フィーチャから社名を取ったのではないかと推察します。
フィーチャ様~ 間違えていたら、ご容赦願います。・・・あはは(^^;)

新規上場会社概要

社名 [コード]フィーチャ株式会社 [4052]
英文社名Ficha Inc.
会社URLhttp://ficha.jp/
上場予定日2020年6月24日上場承認日2020年5月21日
上場市場[業種]マザーズ[情報通信]設立2005年8日5日
事業内容画像認識ソフトウェアの開発
業績(直近)売上は右肩上がりですが、前期2.8億円とたいへん小さい。利益は凸凹で、前期は△6百万円。
仮条件決定日6月8日BB期間6月9日~6月15日
公開価格決定日6月16日購入申込期間6月17日~6月22日
想定価格470円  
発行済株式総数5,259,000株(承認時)吸収金額約3.1億円
発行済株式総数5,409,000株(上場時)時価総額約25.4億円
公募株数150,000株公開株数667,000株
売出株数430,000株
OA 87,000株
売出株比率8.2%OR16.3%
売出放出元
VC:太文字
曹 暉   322,500 株(同社代表取締役CTO)
脇 健一郎 107,500 株(同社代表取締役社長)
VC(売出/保有)0株/915,000株 ※VCは5社ありますが、上場時の売出はありません。
ロックアップVC1社:90日。VC4社:90日または1.5倍のロックアップ。
手取金の使途人件費及びエージェント利用料や紹介料などの採用費
取扱証券会社主幹事:SCMBC日興 平幹事:大和 水戸 極東 みずほ エース 東洋 SBI 楽天 いちよし 岩井コスモ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

読者の皆様もコロナに感染しないよう細心の注意をお願いいたします。

手洗いは重要ですね!!

2つのブログランキングに登録しています。同じカテゴリー(IPO・新規公開株)ですが、登録者数が異なり、順位も異なります。面白いものです。(^^)

人気ブログ登録(130人) 日本ブログ村登録(675サイト

お問い合わせ・コメントは
下記までお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました