【IPO】Branding Engineer 承認

社名由来

エンジニアをブランディングし、エンジニアの価値を上げる

 社名にどのような意味が込められているかを調べると、いろいろと背景が分かって面白いものです。(^^) 今回のブランディングエンジニアの社名は、ビジネスモデルに関係があります。

 高原COOいわく、エンジニア組織を作ろうと考えたときに思いついたのが、「プログラミング未経験の学生を教育して一人前にして、その後受託案件にアサインする」というモデル。要は、エンジニアへと教育をして、その人達を社員にするという「教育×開発」というビジネスモデルです。このような、エンジニアを教育して開発を回すモデルを考えた際に、エンジニアをブランディングして、自社サービスも、受託で開発するサービスも高品質を保ち、かつ”ブランディングエンジニアでの開発を経験したエンジニアは優秀だね!”と言われるような組織をつくりたい、そういう思いで「Branding Engineer」という社名をつけたとのこと。※同社 高原COOインタビュー記事より

特徴

 マザーズ上場の超小型IPO。(想定時価総額22.6億円、吸収金額1.9億円)
事業内容は「企業に対してエンジニアリソースの提供を行う Midworks事業、メディア事業及びプログラミングスクール運営等」ですが、前述の社名由来の説明のほうが分かりやいかな?(^^;)

・メディア事業
 IT人材向けのライフスタイルマガジン「Mayonez」、ビジネスマンのための知恵や知識などを発
 信する「Tap-biz」の企画開発・運用。
・エンジニア人材事業
 ITエンジニアのキャリアを教育から独立までワンストップでサポートするサービスを展開。最新
 技術を学べるプログラミングスクール「tech boost」の企画・運営や、エンジニア特化型のダイ
 レクトリクルーティングサービス「TechStars」の運営、安心保障付きで独立できる、エンジニ
 アの新しい働き方を実現する独立支援サービス「Midworks」を運営。
・エンジニアリングコーディネート事業
 クライアント企業様のシステム開発周りのご要望に対して多面的にサポートする体制を整備。
 Branding Engineerへの開発発注はもちろん、業務委託先や常駐エンジニアの人材紹介、さらに
 はITチームのインハウス立ち上げアドバイザリーまであらゆる面において、一元的にサポート。

管理人の独り言

 久々にSBI証券の主幹事IPOです。今回もお約束で、(少ない公開株数の割に)いたずらに取り扱い会社が多い
マザースの超小型IPO。条件がこれだけだと大いに期待できるのですが、不平等抽選のSBIが主幹事+公開株数が少ないの今回のケースは、管理人としては当選が遠いなぁ~!と感じてしまいます
折角の承認なのであまり書きたくないのですが、確かに”IPOは申し込まないないと始まらない”。しかし、”申し込んでも当選しないと始まらない”のも事実なんですよね~!・・・あらら(^^;) 

新規上場会社概要

社名 [コード]株式会社Branding Engineer[ブランディングエンジニア] [7352]
英文社名Branding Engineer CO.,LTD.
会社URLhttps://b-engineer.co.jp/
上場予定日2020年7月7日上場承認日2020年6月4日
上場市場[業種]マザーズ[サービス]設立2013年10月2日
事業内容企業に対してエンジニアリソースの提供を行う Midworks 事業、メディ
ア事業及びプログラミングスクール運営等
業績(直近)売上は右肩上がり、利益は2期連続黒字で上場
仮条件決定日6月18日BB期間6月22日~6月26日
公開価格決定日6月29日購入申込期間6月30日~7月3日
想定価格440円  
発行済株式総数4,873,400株(承認時)吸収金額約1.9億円
発行済株式総数5,133,400株(上場時)時価総額約22.6億円
公募株数260,000株公開株数436,200株
売出株数136,200株
OA 40,000株
売出株比率31.2%OR8.5%
売出放出元
VC:太文字
小島 梨揮 29,200 株
河端 保志 25,000 株(同社代表取締役CEO)
髙原 克弥 25,000 株(同社代表取締役COO)
Hill合同会社 25,000株
㈱クラウドワークス 16,200 株
山本 剛司 12,800 株
㈱丹羽キャピタル 3,000 株
VC(売出/保有)VCからの売り出しはなし!!
イーストベンチャーズ2号投資事業有限責任組合(0株/252,240株)
株式会社Orchestra Investment(0株/104,000株)
ロックアップ株主上位10名は、価格のロックアップ解除なし
90日または180日のロックアップだけ ←グッドですね(^^)
手取金の使途本社移転費用、広告宣伝費用、ITエンジニアの新規採用に係る人件費に充当する予定
取扱証券会社主幹事:SBI 平幹事:大和 みずほ あかつき エイチ・エス エース
岡三 極東 東洋 楽天 マネックス 水戸
委託幹事 岡三オンライン

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

緊急事態宣言が解除されても、コロナ感染には細心の注意を払いましょう!!

手洗いは重要ですね!!

2つのブログランキングに登録しています。同じカテゴリー(IPO・新規公開株)ですが、登録者数が異なり、順位も異なります。面白いものですね。(^^)

人気ブログ登録(129人) 日本ブログ村登録(677サイト

お問い合わせ・コメントは
下記までお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました