【IPO】Branding Engineer抽選枠予想

仮条件が決定! BBは22日(月)より開始です!

想定価格・仮条件

想定価格440円①仮条件下限>想定価格
②仮条件下限=想定価格
③仮条件上限>想定価格>仮条件下限
④仮条件上限=想定価格
⑤仮条件上限<想定価格
仮条件450円~490円
ステータス

抽選枠予想

予想抽選枠はシビアに算出しています

証券会社割当株数比率予想抽選枠期待度申込結果
SBI336,500株84.9%966本若干 
SBI(ポイント)  414本   
大和19,800株5.0%26本ほぼゼロ 
大和(チャンス)  17本ほぼゼロ  
みずほ7,900株2.0%7本ほぼゼロ 
あかつき4,000株1.0%-本口座なし 
エイチ・エス4,000株1.0%4本ほぼゼロ 
エース4,000株1.0%-本口座なし 
岡三4,000株1.0%0本100%ゼロ 
極東4,000株1.0%-本口座なし 
東洋4,000株1.0%0本100%ゼロ 
楽天4,000株1.0%36本ほぼゼロ 
マネックス2,000株0.5%18本ほぼゼロ 
水戸2,000株0.5%-本口座なし 
岡三オンライン?株%1本ほぼゼロ 
ネオモバ?株%?本口座なし 

・期待度は、管理人の適当な感覚です!!・・・ムムム(^^;)
・他にOAが40,000株ありますが、上記抽選枠はそのままです。

全力申込の資金(準備)196,000円

管理人の独り言

 公募割れはないと考え、全力申込!!
しかし、当選確度を考えると、SBI証券はあの抽選ルールなので抽選枠966本でも期待できるものではありません。管理人の資金力でも、この抽選枠レベルでは何度も落選しています。
確かに申込数(申込資金)が多ければ優位ですが、それでも抽選なので最終的には運次第ということです。・・・う~ん(^^;) ⇦”運”と”う~ん”をひっかけたわけではありません。念のため(^^;)

ポイント枠での複数配分があると想定過去の配分実績では、割当株数300,000株台で200株配分
今回336,500株なので、200株配分が濃厚です。
問題は、公募価格が仮条件上限(490円)で決定し、初値が公募の3倍と高騰しても利益は98,000円。
この利益予想でポイントを使用すべきか? 当選ボーダーラインは・・・う~ん(^^;) ボーダー予想は、初値予想より難しくて分かりませ~ん。考えさせられるBBですね。・・・ムムム(^^;)

なお、岡三証券は「抽選を行う数量が5単元に満たない場合は、抽選を中止する」とルールのため期待度はゼロ。また、東洋証券もネット申込不可のため、同じく期待度ゼロ。

では、また(^^)/~~

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コロナに過敏になりすぎず、日々基本的な感染防止に努めましょう!!

手洗いは有効ですね!!

2つのブログランキングに登録しています。同じカテゴリー(IPO・新規公開株)ですが、登録者が異なります。同じ順位にならないところが、面白いですね。あらら・・・(^^)

人気ブログ登録(128人) 日本ブログ村登録(681サイト

お問い合わせ・コメントは、上段のメニューバーに移動しました。

タイトルとURLをコピーしました