【分析】やはり公募割れ!! “ビーウィズ” 上場初日

【№1241】

<strong>冒険者</strong>
冒険者

公募・売出価格が仮条件の下限で決定すると、ダメですね。
初値売りをされた方は、どれだけいたのでしょうか?

<strong>大賢者</strong>
大賢者

今後、公募以上になるかもしれんぞ?
しかし、「君子危うきに近寄らず」のIPOじゃったな!!

初値売りをされた方はどれだけ?

 ”ビーウィズ”の株主は、親会社”パソナグループ”の1社だけです。360日ロックアップがしっかりかかっていて、1.5倍等のロックアップ解除もありません。また、行使可能なストックオプションもありません。結果、上場初日に初値で売却できたのは、公募ゲット組(公募当選組+裁量配分組)だけです。

公開株数初値時出来高比率
6,095,000 株450,100 株7.4%


当ブログのアンケートでは、「100%初値売りが46%」です。ケースバイケースかもしれませんが、今回の”ビーウィズ”では、たった7.4%しか初値売りがありません。


公募割れしそうな状況(損失が確定しそうな状況)では、心理的に寄り付き・成行売りの注文は出しずらいものです。もしかしたら、公募まで戻るかもしれないし ・・・ ですよね。f(^^;)

ビーウィズ(9216)上場初日

初値高値安値終値出来高売買高
1,320 円1,397 円1,298 円1,320 円2,024,700 株2.7兆円
9時09分9時19分9時10分15時00分  


 終わってみれば、最大の売り場は初値後の10分間。セカンダリーは難しいですね。f(^^;)
高値で売り切ることなど至難の業。高値(1,397円)で売却できた株数は、600株しかありません。それでも、損切りになったのですが ・・・。(>_<)

管理人の独り言

 過去5年間、東証一部上場のIPOでは、公募・売出価格が(想定価格から大幅にダウンした)仮条件の下限で決定したものは100%公募割れになっています。
このため、【注意】公募割れシグナルの点灯!! の記事をアップさせていただきましたが、今回も公募割れになってしまいました。

楽天証券での”ビーウィズ”の抽選倍率は【約10倍。ここから、IPO愛好家の多くが公募割れIPOを回避できたのではないかと推測できます。(^^)

“住信SBIネット銀行”の仮条件発表日は、3月7日(月)。翌8日からBBが開始されます。今回の「ビーウィズ公募割れ」を踏まえ、BBへの参加は慎重にご検討お願い申し上げます。

 さて、ビーウィズで公募割れされた方は残念でした。まだ保有されていらっしゃる方に、これは朗報になるでしょうか? 本日、東証経由で発表されたものです。(^^)

業績予想

 2021年5月期(実績2022年5月期(予想同期比
売上高(百万円)28,84532,473+12.6%
営業利益(百万円)2,1312,560+20.1%
経常利益(百万円)2,1672,545+17.4%
当期純利益(百万円)1,6551,673+1.1%

 
 では、また(^^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2つのブログランキングに登録しています。
記事が面白かったら、応援の意味で下記の
このブログに投票」をクリックしてくださいね。(^^)

タイトルとURLをコピーしました