【分析】”守谷輸送機工業” 公募割れを回避できた方は意外と少ない?

【№1269】

<strong>冒険者</strong>
冒険者

初値は公募割れしなかったじゃないですか?

<strong>大賢者</strong>
大賢者

売却せず、保有されている方が多そうなのじゃ。

“守谷輸送機工業”の上場初日は?

上場初日の四本値・出来高
公募価格:810 円

初値高値安値終値出来高
820 円821 円738 円748 円1,478,000 株
+1.2 %+0.1 %▲8.9 %▲7.7 %⇦ 公募比
9:009:009:3015:00⇦ 時刻


初値は公募割れするかと思っていたら、初値は+10円の820円。意外とがんばりましたね。しかし、その後がいけません。ドーン!! と急落して、後は低空飛行。(>_<)

公開株数(4,899,000 株)に対して、出来高は 1,478,000 株。初値こそ公募割れしなかっただけで、上場初日にもかかわらず、売買の少な過ぎます。(>_<)
本日の日経平均は、+890.88 円も上昇。パッとしない東証二部上場のIPOなど、見向きもされなかったということでしょうか。

公募割れを回避できた方は?

 さて、この守谷輸送機工業を公募でゲットされたIPO愛好家で、公募割れを回避できた方がどれだけいるのかを見てみましょう。

公開株数出来高(初値時)公開株数比
4,899,000 株504,900 株10.3%


守谷輸送機工業の売り圧力はゼロ。
ロックアップなし、1.5倍ロックアップ解除、ストックオプション(行使可能)、すべてゼロ。
初値で売却できた方は、公募でゲットされたIPO愛好家だけです。
約9割の株が初値売りされなかったことになります。公募割れしたら困る(損切りしたくない)ので、初値売りの注文を出されなかったのか? 公募価格が 830円と安価のため、公募割れしても(下落しても)しれているで、保有することにされたのか?
確かに、終値ベースでの福損は▲6,200円。・・・ ですが、下落率は▲7.7%とけっこう大きいですね。f(^^;)

 では、初値(810円)以上で売却された方(損失を出さなかった方)を見てみましょう。上記チャートの「ここを分析」の部分です。(^^)
公募(810円)~高値(821円)の株価で売却された株(出来高)の合計は、645,300株。(本当は違いますが、)これを公募でゲットされた株として考えた場合、公開株数比は 13.2%。あまり変わりませんね。f(^^;)

つまり、守谷輸送機工業の初値は公募以上になりましたが、初値売りを含み公募割れを回避できた方は少なく、初値未満で損切りをされたか、まだ保有している方が大半のようです。
ただ、株価が公募(810円)以上であったのは、9時7分15秒まで。この短時間で売却できる方は、事前に売り注文を出された方を除くと少ないはずです。

初値売りの傾向としては、「初値が公募近くだと、初値売りをされない方が多い」ですね。f(^^;)

では、また(^^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2つのブログランキングに登録しています。
記事が面白かったら、応援の意味で下記の
このブログに投票」をクリックしてくださいね。(^^)

タイトルとURLをコピーしました