【上場承認】”monoAI technology”の本社は、なぜ神戸?(概要・難易度・売り圧力)

【№1698】

<strong>冒険者</strong>
冒険者

本社所在地が、兵庫県神戸市って?

<strong>大賢者</strong>
大賢者

不思議に思えるじゃろう!!

 当ブログ承認記事のポイントは、以下の3点です。
 ◆社名由来・意味 ⇦ 管理人の趣味です。f(^^;)
 ◆難易度 ⇦ 承認時点の主幹事抽選枠予想から当選難易度を考察
 ◆売り圧力 ⇦ VCの有無と上場初日に売出可能な株式の算出

社名由来・意味

 ”monoAI technology 株式会社” は、オンラインゲーム受託開発事業及びミドルウェア事業から出発したのですが、設立時(2013年)の社名は “株式会社 モノビット”。
「mono」は「モノ」を世襲した結果? 「AI」は、「ゲームAI開発を行う “モリカトロン 株式会社” を子会社化したことに起因しているのでは?」と思われます。

「AI」を「アイ(愛?)」と読ませる点が面白いのですが、この “モリカトロン 株式会社” の社名もまた面白いのです。同社の代表取締役・モリカトロンAI研究所所長は、森川幸人 氏。これ絶対、「モリカワ・トロン」ですよね。創業者の氏名にちなんだ社名を付ける会社は、最近はまったく聞かなくなりました。f(^^;)

「mono」?

 思いつくのは、1982年に創刊された雑誌「モノ・マガジン」のロゴになっているアレですね。40年前からあるので、読者様にもお馴染みのロゴかと思います。

モノ・マガジンの「モノ」は、「物」。モノ情報誌のパイオニアであるモノ・マガジンに影響を受けたのかもしれません。ただし、モノビットの「モノ」は、オンラインゲームでしたが ・・・ 。f(^^;)

 なお、本社所在地は、兵庫県神戸市。2022年9月に東京都新宿区から移転。代表取締役の本城嘉太郎 氏は、神戸市生まれ。上場直前に本社移転(登記上)とは、これ「故郷に錦を飾る」ってやつですか。カッコイイですね。
まぁ、事業内容から考えると別に東京本社でなくとも、今の時代まったく困りませんが ・・・ 。(^^)

IPO Outline

会社名monoAI technology 株式会社 [5240]
本店所在地兵庫県神戸市
上場市場グロース市場
設立年月日2013年 1月 4日
業種別分類情報通信
事業概要メタバースプラットフォーム「XR CLOUD」の運営
規模中型(時価総額62.5億円、吸収金額10.6億円)※想定価格ベース
親子上場なし
幹事会社SMBC日興、みずほ、SBI、岩井コスモ、岡三、楽天、マネックス、松井
BB期間12月 5日 ~ 12月 9日
抽選発表12月 12日
上場予定日12月 20日
同日上場INFORICH(9338)
発行株数 8,723,220 株
公開株数1,675,000 株
公募: 1,200,000 株 + 売出: 256,6000 株 + OA: 218,400 株
(公募内訳:新規株式発行 1,200,000 株、自己株式処分 – 株)
売出比率,OR売出: 15.3 % OR: 16.9 %
想定価格630 円
海外向け販売なし
難易度主幹事(日興)の割当株数を85%とすると、予想抽選枠は 978本。
抽選枠が1,000本以下だと、かなり厳しいものがあります。f(^^;)

事業内容

 グループは、monoAI technology、連結子会社2社(モリカトロン株式会社、モノビットエンジン株式会社)、及び持分法適用関連会社1社(AIQVE ONE株式会社)で構成。

グループのサービスは、
メタバースサービス
 仮想空間内で行われるライブ・展示会等の需要に対し、顧客ごとのシステム開発及びオンラインゲーム開発、顧客の要望によってはライブ・展示会等のイベント運営、集客代行、運営支援。
XRイベントサービス
 仮想空間内で行われるイベント等の需要に対して、当社のプラットフォーム「XR CLOUD」を活用し、あらかじめ構築した仮想空間をベースに、誰でも簡単に仮想空間上でイベント等を開催できるもの。採用説明会や社内懇親会、社内会議、展示会、ショッピングモール、VTuberファンイベント、国際化学オリンピック等を手掛け、さまざまな種類のイベントをパッケージ化し、低コスト、短期納期化を実現。
XR周辺サービス
 同社グループ「XR CLOUD」の根幹でもある通信ミドルウェア「モノビットエンジン」の開発・販売、AIを用いたソフトウエア品質保証サービスの開発、キャラクター開発等のAI技術開発。

業 績
(単独決算→連結決算)

回次第5期第6期第7期第8期第9期
決算年月2017/122018/122019/122020/122021/12
売上高(百万円)7707532181,1271,291
経常利益(百万円)24103△480△175
当期純利益(百万円)17△22△581△182

※第7期まで単独決算。第8期から連結決算。


経常利益とは、企業が通常行っている業務の中で得た利益のこと。
当期純利益とは、一会計期間(通常は1年間)に会社が活動した結果の全収益から、全ての費用・法人税等を差し引いた利益のこと。

手取金の使途

充当先(予定)金額
人件費、採用費及び研究開発費683,520 千円
683,520 千円

売出株放出元

株主関係他売出株数
㈱ベリサーブ 256,600 株
 256,600 株

VCの有無

VC : 3

売り圧力

発行済株数8,723,220 株
売出株数256,600 株
残(株主保有株)8,466,620 株
・180日ロックアップ5,968,260 株
・90日ロックアップ & 1.5倍ロックアップ解除①545,020 株
・ロックアップなし②1,953,340 株
・第三者割当③1,953,340 株
上場初日に売却可能性のある株数(①+②-③)545,020 株

ストックオプション(新株引受権)

・ストックオプション(行使可能)997,140 株(236,060 株)

※ストックオプションから、180日ロックアップロックアップ、および第三者割当を除くと、行使可能なストックオプションは実質 236,060株と考えられます


では、また (^^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

新型コロナウイルスは、完全には終息しません。
日々基本的な感染防止に努めましょう!!

2つのブログランキングに登録しています。
記事が面白かったら、応援の意味で下記の
バナー」をクリックしてくださいね。(^^)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
分析大好きProf.新城の株式投資【ホイホイIPO投資術】 - にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました