【上場初日】”ティムス” のセカンダリーは、”52秒間”!!

【№1705】

<strong>冒険者</strong>
冒険者

管理人は、セカンダリーに参加したのですか?

<strong>大賢者</strong>
大賢者

参加せずに、分しているだけじゃ!!

“ティムス” の上場初日は?

ー ティスム(4891)上場初日のチャート -

初値高値安値終値出来高
919円930円769円769円7,419,400
  ストップ安ストップ安 


 初値(919円)は、公開価格(670円)の1.37倍。騰落率、+37.2%。
“ティムス” は、脳梗塞(こうそく)治療薬開発を行う創薬ベンチャー。足元の業績は赤字で今2月期は売上高ゼロという、将来性のみで評価しなくてはいけないヤバそうな案件でしたが、公募割れすることもなく、上々な初値でした。

ご当選され初値売りされた読者様、おめでとうございます。!(^^)!

上場承認当初は不透明感が強かったが、海外配分の比率が高くなっており、海外投資家から予想以上に高い評価を得たようです。国内市場からの吸収金額は実質的に10億円台となっており、需給面への不安は後退。グロース市場を取り巻く環境も良好なことから、堅調な初値形成になったのでしょう。

しかし、終ってみればストップ安。2023年2月期(今期)の業績見通し(個別)で12億円の最終赤字(前期は10億円の黒字)を見込んでいます。市場では「直近の新規株式公開銘柄でも業績見通しが赤字の銘柄への売り」が目立ちます。”ティムス” も同様に売られたということのようです。

初値売りがヘン?

初値売却率(全体)

公開株数出来高(初値)初値売却率
4,290,900株2,003,500株46.7%

※便宜上、当ブログでは「初値出来高÷公開株数」を「初値売却率」としています。

 ”ティムス” の初値は、大手予想(800円)を超えた919円。公募の1.37倍はIPO全体から見れば確かに低いのですが、リスクのあるバイオベンチャーしては、予想外に初値が高騰したと思っています。
普通、予想外に初値が高騰したIPOは初値売却率が高いのですが、46.7%とは? ・・・ あれれ f(^^;)

“ティムス” は、半分以上が海外向けに販売されました。では、国内向け公開株数を分母にすると ・・・ 。

初値売却率(国内だけ)

公開株数(国内向け)出来高(初値)初値売却率
1,948,600株2,003,500株102.8%


 100%を超えてしまいましたが、どちらかと言えばこの102.8%の方が初値売りの実態に近いように思えます。

セカンダリーの時間は何分あったか?

 初値出来高は、2,003,500株。初値売りされた株数と、初値買いされた株数は同じです。誰がセカンダリーに参加されたのか不明ですが、かなりの株数です。「初値が予想以上に高騰したIPOは、上値を追うのだろうか?」と考えますので、管理人は “ティムス” のセカンダリーには参加していません。

919円で初値買いですから、920円以上で売却しないと利益は出ません。初値後の株価は930円まで上がりました。919円の初値は、10時09分00秒。高値930円をピークに下落が始まり、最後に920円を付けたのが、10時09分52秒

初値買いをしていたら、

利益を得られた時間は、初値後52秒間。

秒で稼ぐデイトレーダーさんしかできないセカンダリーですね。
参加しなくて正解でした。f(^^;)


では、また(^^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2つのブログランキングに登録しています。
記事が面白かったら、応援の意味で下記の
バナー」をクリックしてくださいね。(^^)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
分析大好きProf.新城の株式投資【ホイホイIPO投資術】 - にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました