【IPO】D級IPOへの申し込み

IPO日程(全体)

IPOブロガーのProf.新城は、他のIPOブログを読むのか?

はい読みます! ブロガーとしても、いちIPO愛好家としても勉強になります。 情報は多いにこしたことはありません。(^^)

IPOブログで何の情報を得るか?

 私のIPOブログからの情報収集方法は、多くのブログを読むことです。

ブログ情報をまとめると、ある種の傾向というか仮説が立ちます。

仮説ですが・・・

例を挙げると、フォーラムエンジアリングとビザスクの抽選結果の記事です。

フォーラムエンジアリングは、仮条件はちょっと強気でしたが、公募価格は仮条件の下限で決定。結果は、補欠当選の乱発です。う~ん、やはり大型IPOは、人気なしのD級?

ビザスクは、想定価格と比べれば、かなり下離れした仮条件になりましたが、公募価格は仮条件の上限で決定。VCの出口案件ぽいのですが、ほとんど当選者がいない状況です。意外と人気のある証拠です。まぁ、仮条件が下がったので割安感も出ましたね。評価は分かれることろでしょう。

ひとつの仮説

 この2社のブログ記事(集約)から考えられることは、IPO愛好家の申込傾向です。つまり、公募割れリスクが微妙なD級銘柄へも、それなりに申し込んでいるのではないかという仮説です。当選後キャンセル可能な会社を選んで、当選してから考える方が多いのではないかということです。IPOのリスクは、”公募割れだけ”といっても過言ではありません。言い換えれば、公募割れすると困るが、キャンセル可能なので当選してから考える申込方法ともいえます。

逆にいえば、SMBC日興証券には、当選後キャンセルにはペナルティがあります。先日のウイルテック抽選申込受付番号を記事にしました。東証二部上場のD級IPOです。確かに申し込みは、いつもよりかなり少なかったですね。ここにも傾向が見える・・・?

公募割れリスクがないのは、B級以上でしょうか。C級、特にD級にはそれなりに公募割れリスクがあります。リスクを避け、申し込まないかといえば、そうではないかもしれませんね。

しかし、この仮説が正しいならば、D級IPOの当選もかなり難しいということになります。D級当選も”運”ですか! 補欠当選は多いのですが・・・。 これは、困りましたね。・・・ムムム(^^;)

何年か前ですが、”当選後キャンセルすると、それ以降当選しにくくなるのではないか”という記事をよく見ましたが、う~ん最近は見ませんね~。

では、また・・・(^^)/~~

あくまで仮説です

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ランキングに参加中です。記事が面白かった・有益だったと思われたら、下段の”ひよこ”をクリックしてみてください。クリックするとブログにINポイントが加算されますが、残念ながら、読者様にはメリットはありません。管理人としてはINポイント変化で、記事の評価がわかるので助かります。面白くなければ、クリックの必要はありません。・・・ムムム(^^;)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

コメント欄

読者の皆様へ                                      コメント欄に入力していただくと、コメントはメールで管理人(Prof.新城)まで届きます。特別な目的がない限り、記事内に読者様のコメントを表示させることはありません。

タイトルとURLをコピーしました