【IPO】Sun Asterisk 承認

社名由来

 「本気で課題に挑む人たちと、事業を通して社会にポジティブなアップデートを仕掛けていくこと」をミッションに掲げています。当社の社名に含まれる“Sun”はまさに「太陽」。地球上のすべての生命を育むインフラです。革新的なサービスや、新しいイノベーターの「種」を、私たちの光で照らし、それらを育む最強のインフラになることを目指しています。“*(Asterisk)”は、多くのプログラミング言語で掛け算を表す記号です。当社Sun*は本気で社会課題に挑む様々なチャレンジャーや新しい価値を生みだすクリエイターたちとのコラボレーションを通じて、より大きな課題に取り組み、社会にポジティブなアップデートを仕掛けていきます。
また、Sun*が価値創造をするためのインフラとなることで、全人類が生まれた時から持っているクリエイティブへの情熱を呼び起こし「誰もが価値創造に夢中になれる世界」というビジョンの実現を目指します。
以上は、同社公式サイトに掲載されている内容ですが、随分と凝った社名ですね。というか、英文社名は、Sun* Inc. です。これまた凝った英文社名です。
管理人は社名の由来、意味を調べるのが好きです。この会社の社名は、最初に英文社名を思いつきそのまま日本語社名としたんでは・・・と、直感的💡に思うのですが・・・ムムム(^^;)

特徴

  マザーズ上場の中型案件(想定時価総額228.1億円、吸収金額30.4億円)。吸収金額30億円は、中型なのですが、小粒IPOが続いたので、ちょっと大きく感じてしまいます。

事業は、「産業のデジタライゼーションを推進するデジタル・クリエイティブスタジオ事業」なのですが、何のことだかさっぱり・・・? 見当もつきません!! ・・・あらら(^^;)

デジタル・クリエイティブスタジオ事業は、クライアントのデジタルトランスフォーメーションや新規事業開発の支援を、2つのサービスラインで実施。
①クリエイティブ&エンジニアリング
 主に日本のクライアントの事業アイデア創出からプロダクト開発・プロダクトの継続的な成長を
 クリエイティブとエンジニアリング面で支援するサービスライン
②タレントプラットフォーム
 クライアントの事業アイデア創出からプロダクト開発・プロダクトの継続的な成長を人材の紹介
 面で支援するサービスライン

デジタルトランスフォーメーション・・・う~ん(^^;) 最近のトレンディなワードですね。(^^)

デジタルトランスフォーメーション[DX]とは
 2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱した概念で、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させること」。IoT、AI(人工知能)、ビッグデータ・アナリティクス(解析)など、デジタル技術を活用することで、新しい製品やサービス、新しいビジネスモデルを通じて価値を創出し、競争上の優位性を確立する。

 デジタルトランスフォーメーションは、業務プロセスをデジタル化するデジタイゼーションと、ビジネスモデルそのものをデジタル化するデジタライゼーションに分類されます。
前者は、企業内の課題を整理し、要件を定義し、システムを開発してそれを保守していくという従来のウォーターフォール開発等の手法を用いた課題解決型のプロセスが有効。
後者は、ユーザーの潜在ニーズを中心に据えてコンセプト設計し、仮説検証しながらサービス化してそれを進化させていくという新しい価値創造型のプロセスが必要。 

管理人の独り言

 最近の新興企業は事業概要を見ても、管理人には直ぐには理解できない会社が出てきます。
新規IPOが承認された! わ~い!と思っても、ところでこの会社なにやってんの?・・・です。
前述のように、整理して初めてわかってきます。IPOブロガーも大変ですよ!・・・あらら(^^;)

新規上場会社概要

社名 [コード]株式会社Sun Asterisk(サンアスタリスク) [4053]
英文社名Sun* Inc. 
会社URLhttps://sun-asterisk.com/
上場予定日2020年7月31日上場承認日2020年6月26日
上場市場[業種]マザーズ[情報通信]設立2013年3月1日
事業内容産業のデジタライゼーションを推進するデジタル・クリエイティブスタジオ事業
業績(直近)売上・利益ともには右肩上がり 黒字上場!!
仮条件決定日7月13日BB期間7月14日~7月20日
公開価格決定日7月21日購入申込期間7月22日~7月29日
想定価格630円  
発行済株式総数34,160,000株(承認時)吸収金額約30.4億円
発行済株式総数36,210,000株(上場時)時価総額約228.1億円
公募株数2,050,000株公開株数4,830,000株
売出株数2,150,000株
OA  630,000株
売出株比率44.5%OR13.3%
売出放出元
VC:太文字
藤本 一成(同社執行役員) 1,350,000 株
服部 裕輔(同社執行役員)    400,000 株
高倉 健一(同社執行役員)    400,000 株
VC(売出/保有)
株主上位10名中
Innovation Growth Fund I L.P.(0株/620,000株)
※VCからの売り出しなし
ロックアップ
(株主上位10名)
同社役員: 180日(88.9%)
手取金の使途事業拡大のための人材確保に係る採用費及び人件費、当社連結子会社2社に対する投融資資金、残額を借入金の返済に充当する予定
取扱証券会社主幹事 : 大和
平幹事 : SMBC日興、みずほ、SBI、楽天、マネックス、東海東京
      岡三
委託幹事: 岡三オンライン?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コロナに過敏になりすぎず、日々基本的な感染防止に努めましょう!!

手洗いは有効ですね!!

2つのブログランキングに登録しています。同じカテゴリー(IPO・新規公開株)ですが、登録者が異なり、順位も異なります。面白いものですね。(^^)

人気ブログ登録(125人) 日本ブログ村登録(680サイト

お問い合わせ・コメントは、上段のメニューバーに移動しました。

タイトルとURLをコピーしました