【IPO】KIYOラーニング 承認

社名由来

 事業はオンライン通信教育[e-learning]なので、社名のラーニングはOK。問題は、KIYO(キヨ)
最初は、会社の所在地(千代田区紀尾井町:KIYOICYO)からと一瞬思いましたが、あれっ?
ふりがなは、KIOICYO。Yがない。
同社代表取締役の綾部 貴淑氏の読み方は、アヤベ キヨシ。この会社のオンライン通信教育は、綾部代表が作られた効率の良い学習法ノウハウをベースにしている・・・ひらめき💡ました!
管理人の推察ですが、おそらく「アヤベ キヨシの学習(ラーニング)」でしょう。(^^)

特徴

 マザーズ上場の小型IPO。(想定時価総額42.5億円、吸収金額7.7億円)
事業内容は「個人向けオンライン資格講座及び法人向け社員教育クラウドサービスの提供」ですが要はオンライン通信教育、e-learning。別段、目新しい事業ではありません。
しかし、今回のコロナで三蜜回避となり、学校が休校。一か所での対面教育の問題が発生し、学習のスタイルが問われています。この点では、逆にコロナが、KIYOラーニングに追い風になっているように感じます。

業績は、売上は右肩上がりですが、利益は5期連続赤字。赤字上場とパッとしません。
しかし、この会社の重要経営指標は、会員による受講料の支払い額の総額となる現金ベース売上高及び新規有料登録会員数新規有料登録会員数は5期連続急拡大しています。つまり、利益の源泉となる有料会員数の拡大は、上手くいっているとも言えるわけです。

さて、読者様へ紹介したいのは、綾部代表の事業化までのストーリーです。こっちのほうがよっぽど面白い。(^^)

綾部氏は、中小企業診断士試験になかなか合格できなかったとのことです。「悪いのは私の頭ではない、学習法だ!」と信じて(信じたかっただけ)仕事の傍ら勉強法や心理学等を研究し、独自の勉強法ノウハウを体系化。その勉強法を使って3度目のチャレンジで合格したそうです。
このノウハウをもとに、2008年より週末起業としてスキマ時間で学べる「通勤講座」を開講。
WEB集客だけで年間1000人を超える受講者が集まり、多くの合格者を排出。2009年に独立、2010年に「KIYOラーニング株式会社」を設立。
当然、事業化には資金が必要。VCから第1回目の資金(2,250万円)を調達するわけですが、その時点での目標が 2019年にIPOだったわけです。

いわゆる、独立志向を持った方のサクセスストーリーですが、管理人には懐かしい流行語があります。2008年にはリーマンショックがありましたね。流行語大賞にはなりませんでしたが、世相を反映して当時「週末起業」もありました。今なら「副業」ですが・・・!(^^;)
通勤中に受講できる通信講座ですか~! スキマ時間でできる通信教育が連想される良いネーミングですね。

 通勤で思い出すネーミングと言えば、・・・う~ん(^^;)
夏の暑い時期、革靴で蒸れる足。少しでも快適に過ごしたい。・・・ソックスの「通勤快足」(^^)
笑ってしまうくらい素晴らしいネーミングの商品です。※評価には個人差あり
通勤快速は、レナウンだったのを覚えていますか~!!・・・あはは(^^;)

なお、この通勤快速は通勤される男性の御用達品(必須アイテム)とも言えますが、管理人の32年間の革靴時代に履いた記憶はあるが・・・あれれ? 購入したのは1足だけ・・・? 靴下としては、馬鹿高かった記憶が・・・あらら(^^;)

管理人の独り言

 今回も少ない公開株数。ざっと計算して、主幹事のSMBC日興証券の抽選枠は272本。プラスでステージ抽選枠が136本。今回も当選は超難関ですね。主幹事が野村證券でないのは救いですが、日興さんは資金が必要なんですね~! 3社同日上場で、BBも重なっているし~!・・・ムムム(^^;)

どうでもいいのですが、資格取得のための通信教育。通学したこともあります!
しかし、管理人には挫折・諦め・後悔という記憶しかありません。同じ投資ですが、こちらは自己投資。いったいいくら浪費したのやら。う~ん(^^;) 思い出したくもない!!・・・ムムム(^^;)

新規上場会社概要

社名 [コード]KIYO[キヨ]ラーニング株式会社 [7353]
英文社名KIYO Learning Co.,Ltd.
会社URLhttps://www.kiyo-learning.com/
上場予定日2020年7月15日上場承認日2020年6月12日
上場市場[業種]マザーズ[サービス]設立2010年1月4日
事業内容個人向けオンライン資格講座及び法人向け社員教育クラウドサービスの提供
業績(直近)売上は右肩上がり 利益は5期連続赤字 ※久々の赤字上場
仮条件決定日6月29日BB期間6月30日~7月6日
公開価格決定日7月7日購入申込期間7月8日~7月13日
想定価格1,980円  
発行済株式総数 1,845,000株(承認時)吸収金額約7.7億円
発行済株式総数 2,145,000株(上場時)時価総額約42.5億円
公募株数300,000株公開株数391,200株
売出株数  40,200株
OA  51,000株
売出株比率10.3%OR18.2%
売出放出元
VC:太文字
綾部 貴淑 30,000 株(同社代表取締役社長)
合同会社IP Bridge1号 9,000 株
小村 仁俊 1,000 株
橋野 竜一郎 200 株
※VCからの売り出しなし
VC(売出/保有)

株主上位10名中
みらい創造一号投資事業有限責任組合(0株/148,000株)
イノベーション・エンジン産業創出投資事業有限責任組合
(0株/100,000株)
GA1号投資組合(0株/80,000株)
かんしん未来投資事業有限責任組合(0株/72,000株)
ウィルグループファンド投資事業有限責任組合(0株/52,000株)
SMBCベンチャーキャピタル4号投資事業有限責任組合
(0株/50,000株)
ロックアップ
(株主上位10名)
同社役員: 180日
VC  : 90日or1.5倍
その他 : 180日
手取金の使途①事業サービス強化のためのシステム開発、②事業拡大を目的とした人員増強のための費用、③借入金の返済、④広告宣伝費に充当する予定
取扱証券会社主幹事:SMBC日興
平幹事:大和、三菱UFJモルガン・スタンレー、SBI、楽天

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

緊急事態宣言が解除されても、コロナ感染には細心の注意を払いましょう!!

手洗いは重要ですね!!

2つのブログランキングに登録しています。同じカテゴリー(IPO・新規公開株)ですが、登録者数が異なり、順位も異なります。面白いものですね。(^^)

人気ブログ登録(127人) 日本ブログ村登録(678サイト

お問い合わせ・コメントは
下記までお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました