【分析】”危険” 公募価格=仮条件の下限

IPOスケジュール

松屋アールアンドディの抽選結果は、”落選

といっても、SBI証券(100株)しか申し込んでいないので、狙い通り1ポイントゲットです。

予定通りでしたが・・・

松屋アールアンドディの事業拠点(一部)は、中国です。新型コロナウイルスの影響をもろに受けます。このことから、私は上場中止を予感しましたが、とりあえず抽選までは無事終了しました。しかし、公募価格は仮条件の下限で決定しました。

公募=仮条件下限(今年の実績)

上場日会社想定仮条件公募初値下落額下落率
3/9フォーラムエンジニアリング1,3101,310-1,4001,3101,030▲280▲21.4%
3/25ヴィス820820-900820754▲66▲8.0%
3/30Macbee Planet1,8601,830-1,9901,830
4/6松屋アールアンドディ960910-960910

時系列に並べると、雲行きが怪しくなっているのが分かりますね。・・・ムムム(^^;)

・フォーラムエンジニアリング・ヴィスは、仮条件は上振れ(^^)したが、公募は下限で決定
・Macbee Planetは、想定をはさんだ仮条件でしたが、公募は下限で決定
・松屋アールアンドディは、下振れした仮条件で、う~ん公募は下限で決定

公募=仮条件下限(過去の実績) 2014年~2019年

年度上場数下限実績発生率公募割れ
2019年86社0社0.0%0社
2018年90社3社3.3%3社(全滅)
2017年90社1社1.1%1社(全滅)
2016年83社3社3.6%3社(全滅)
2015年92社1社1.1%1社(全滅)
2014年77社4社5.2%4社(全滅)

リーマンショック後、最近の上場数に近づいてきたのは2014年です

 公募価格が仮条件の下限になったIPOは、当然過去にもあります。
しかし、発生率を見れば一目瞭然で、ほとんどないのです。IPOの流れからいって、下限になるということは、よほど人気がなかった(強引な価格設定?)と思われます。結果は、すべて”公募割れ”でした。(^^;)
これらから見ても、短期間(3月だけ)での”下限決定”は、現状のIPOはやはり”異常”と言わざるを得ません。

異常です
危険です

”注意”→”危険”→”自粛”

 昨日、「当選したMacbee Planet を辞退した記事」をアップしたところ、にほんブログ村の注目記事で一番になってしましました。こんなに注目されるとは、驚きです。(^^;)
「Macbeeの公募価格=仮条件下限」の状況下で、繰上抽選の申し込みなど、どうするのか? IPO愛好家の関心の的であったわけです。
個人的には、公募価格決定プロセスから、下限決定は良くないパターンと考えていましたが、あまりの関心の高さに、今回 過去の実績を調べ対比する分析を試みました。

 結論としては、やはり現状のIPOが異常すぎます。単純な比較分析はできません。
ただ、過去の”下限決定”は、”注意”レベル現状は、もう”危険”レベルの感があります。

よく書くことですが、IPOは遊びです。楽しくないのに無理に遊ぶ必要はありません。期待できそうなIPOだけの申し込みも、ありですね。無理なく、怪我をしないよう、遊んでください。

今風に言えば、危険IPOは”自粛”・・・かも? 公募割れ症候群に感染注意!・・・あらら(^^;)

では、また・・・(^^)/~~

失礼しました

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ランキングに参加中です。記事が面白かった・有益だったと思われたら、下段の”ひよこ”をクリックしてみてください。クリックするとブログにINポイントが加算されますが、残念ながら、読者様にはメリットはありません。管理人としてはINポイント変化で、記事の評価がわかるので助かります。面白くなければ、クリックの必要はありません。・・・ムムム(^^;)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

コメント欄

読者の皆様へ                                      コメント欄に入力していただくと、コメントはメールで管理人(Prof.新城)まで届きます。特別な目的がない限り、記事内に読者様のコメントを表示させることはありません。

タイトルとURLをコピーしました