【分析】2022年度”BB参加者減少傾向”を、新データで検証!!

【№1349】

<strong>冒険者</strong>
冒険者

新たな根拠が見つかったのですか?

<strong>大賢者</strong>
大賢者

新たな数値データ(エイチ・エス証券のBB参加者数)で分析じゃ!!

はじめに

 IPO愛好家が最も知りたいことと言えば、証券各社の当選確率・抽選倍率でしょう。しかし、倍率は楽天証券しかわかりません。

「IPO投資が人気化しBB参加者が多くなった結果、IPOの当選確率が低下し当選しにくくなった」と言われます。
これは論理的な考えですが、BB参加者が増加している具体的な数値データがありません。そこで、IPO投資の傾向を俯瞰できたらと考え、今年から天証券の倍率データを基に、昨年と今年のBB参加者の比較分析をしています。

結果、下記の通り2022年のBB参加者は、低迷していることがわかります。IPO投資に新たに参加された方、IPO投資を止めてしまった方、最近のIPOの初値傾向から参加を見合わせている方それぞれでしょうが、この2月~4月度はBB参加者昨年平均を下回っている状況です。f(^^;)

オレンジ:2021年BB参加者平均(マザーズへ上場したIPO)
ブルー:2022年BB参加者の各月平均(4月度はグロース市場)

エイチ・エス証券のBB参加者推移!!

 楽天証券のように抽選結果と同時に倍率はわかりませんが、エイチ・エス証券も実は倍率を公開しています。
2月は、エイチ・エス証券が主幹事の”ライトワークス”(4267)があり、その倍率と抽選枠(当選本数)実績から、平等抽選のBB参加者を計算すると ・・・。


上記は、エイチ・エス証券が主幹事になったIPOのBB参加者推移グラフです。エイチ・エス証券の主幹事年に1~2回あるかどうかなので、ここに口座開設されているIPO愛好家は少ないと思われます。
しかし、楽天証券は主幹事になったことがないので、根拠のある主幹事のBB参加者推移データとしては、けっこう貴重なのかもしれません。(^^)

各年度の主幹事IPOは以下の通りです。

エイチ・エス証券 主幹事IPOの抽選枠・倍率・BB参加者

上場日銘柄抽選枠抽選倍率当選確率BB参加者
2022.02.09ライトワークス301本36.08倍2.8%11,185人
2021.09.13Geolocation Technology102本122.72倍0.8%12,517人
2020.12.24グローバルインフォメーション520本24.53倍4.1%12,756人
2019.09.12ピー・ビーシステムズ195本62.12倍1.6%12,113人

※抽選枠(実績):日本証券業協会「新規公開に際して行う株券の個人顧客への配分状況」より抜粋
※倍率(実績):エイチ・エス証券 公式サイトより抜粋

深掘り分析

 ”ライトワークス”は、平幹事として楽天証券も取り扱っていますので、昨年平均からどれだけBB参加者が減っているのか比較してみましょう。

証券会社幹事昨年平均ライトワークス増減数増減率
エイチ・エス証券主幹事12,517人11,185人▲1,332人▲10.6%
楽天証券平幹事41,306人23,072人▲18,234人▲44.1%


2022年度のIPOは、”Recovery International”から始まりましたが、次の”セイファート”と連続公募割れ。3番目の”ビックツリーテクノロジー&コンサルティング”は上場中止になり、散々なスタートでした。
しかし、”ライトワークス”のBB期間中は、”Recovery International”・”セイファート”は上場前のため、初値が公募割れするかわかりません。地合いの悪い状況が続いていますが、”ライトワークス”が公募割れリスクが高いと考えて、BB参加を見合わせた方が多かったのでしょうか?

前述の通り、エイチ・エス証券の主幹事は少ないため、積極的に口座開設されるIPO愛好家も少ないと思われますが、最低12,756人の方は口座を持っていました。
IPO投資術の基本中の基本は、主幹事への申込です。主幹事への申込が当然ならば、口座があれば普通申込むと考えます。エイチ・エス証券のBB参加者が、10%も減る理由はなんでしょうか? 予想抽選枠が少ないので参加を見合わせたのか?、口座を解約したのか?

2022年度のBB参加者は、昨年より主幹事・平幹事ともに減っているようです。この傾向が続くのかは、継続して分析していくことにしましょう。
BB参加者の少ない原因が、IPO愛好家の投資心理が冷え込んでしまったのだとしたら、なかなか復活するのは難しいのかもしれません。IPOの初値は冴えないし、マザーズ指数も下落していますし ・・・。f(^^;)

最後に ・・・。
BB参加者分析は置いといて、エイチ・エス証券の”ライトワークス”は、平等抽選枠はたったの301本しかありませんでしたが、倍率は36倍。ワンチャンスありましたね。
管理人は申しこみましたが、この倍率でも当選できません。いつ当選できるのでしょうか。(>_<)


では、また(^^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2つのブログランキングに登録しています。
記事が面白かったら、応援の意味で下記の
バナー」をクリックしてくださいね。(^^)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
分析大好きProf.新城の株式投資【ホイホイIPO投資術】 - にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました