【分析】平幹事はどこを選ぶべきか!?

 IPOジオコードのBBが本日から開始されました。主幹事(いちよし証券)は、予想抽選枠が極少のため期待できません。残念ですね。(^^;)
平幹事に期待することになりますが、そこは抽選枠を見比べて申込先の選定。
今回の平幹事は偶然にも同じ割当株数ですので、別の角度で分析にチャレンジしてみます。 (^^)

ジオコード 抽選枠予想

 

証券会社割当株数比率予想抽選枠口座数
いちよし502,500株75.0%45本不明
SMBC日興40,200株6.0%37本2,354,000
SMBC日興(ステージ)  18本 
東洋20,100株3.0%-本
楽天13,400株2.0%121本4,402,247
松井13,400株2.0%121本1,285,589
SBI13,400株2.0%54本5,958,649
SBI(ポイント)  23本 
マネックス13,400株2.0%121本1,890,888
極東13,400株2.0%-本
岩井コスモ13,400株2.0%13本171,102
岡三13,400株2.0%13本75,583
丸三13,400株2.0%13本不明
岡三オンライン-株 1本260,967

・口座数は2020年9月度ですが、楽天証券だけ2020年6月度です。
・岩井コスモ証券、岡三証券の口座数は、インターネット口座数です。
・SBI証券の口座数は、SBIネオモバイル証券口座数を含んでいます。

楽天証券、松井証券、マネックス証券の当選確度!?

 割当株数は同数ですので、抽選枠も同じと予想しています。
※松井証券の抽選配分率は、規定上では「70%以上」ですが、100%になることが多いので、楽天・マネックスと同じにしてあります。

口座数で比較すれば、当選確度は「松井>マネックス>楽天」になります!!

しかし、申込実績がわからないため、正確な当選確率・抽選倍率を算出することはできません。
また、各社の申込ルールもバラバラです。松井証券は申込0円、マネックス証券は資金拘束される、楽天証券は後期型。
これは管理人の感覚ですが、おそらく多くのIPO愛好家は、この3社すべてに申し込まれるのではないでしょうか!? 資金移動を考慮すれば、1社分の資金でOKですしね。(^^;)

楽天証券、松井証券、マネックス証券の当選確率・抽選倍率

・・・となると、3社の参加率はほぼ同じとなり、当選確度は「松井>マネックス>楽天」のままという気がします。
ならば、楽天証券は抽選倍率を公開していますので、そこから3社の当選確率と抽選倍率を計算してみます。あくまで、参加率が同じ(仮説)での推論ですよー!! (^^;)

楽天証券 2020年7月度実績

銘柄略称割当株数抽選枠実績抽選倍率当選確率参加者参加率
Bエンジニア4,000株35本885倍0.12%30,975人0.70%
Speee9,700株89本227倍0.02%20,203人0.46%
KIYO3,400株27本995倍0.12%26,865人0.61%
日本情報C14,900株135本256倍0.40%34,560人0.79%
サンアスタリスク42,000株376本100倍1.02%37,600人0.85%

予想 当選確率・抽選倍率

証券会社予想抽選枠口座数参加率予想参加者抽選倍率当選確度
松井証券121本1,285,5890.8%10,285人85倍1.2%
マネックス証券1,890,88815,127人125倍0.8%
楽天証券4,402,24735,218人291倍0.3%

管理人の独り言

 大胆な予想ですね!! ・・・ムムム(^^;)
かなり強引な計算ですが、やはり「松井証券」が最も当選しやすいのでは、ないかと思えてきます。読者の皆様はいかがでしょうか!?

しかし、楽天証券の抽選結果が出れば「倍率」がわかります。291倍近辺だったら、あながち予想は外れていないかも!? ・・・あらら f(^^;)

ご参考までに、岩井コスモ証券と岡三証券の口座数を掲載しましたが、詳細は下記の通りです。

口座数(2020年9月時点)

 総合口座数内、インターネット口座数
岩井コスモ証券410,143171,102
岡三証券500,73675,583

総合口座数では岡三証券の方が多いのですが、インターネット口座数は逆転しています。IPO愛好家はネット経由の申込が多いと考えられますので、2社の口座数比較では、岡三証券が当選しやすいかも!?
2社とも平幹事によく登場しますが、抽選枠は毎回極少なので、比較しても「五十歩百歩」ですよねー!! ・・・あらら f(^^;)

では、また(^^)/~~

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コロナに過敏になりすぎず、日々基本的な感染防止に努めましょう!!

手洗いは有効ですね!!

2つのブログランキング(カテゴリー:IPO・新規公開株) に登録しています。

人気ブログ登録(129人) 日本ブログ村登録(685サイト

タイトルとURLをコピーしました