【考察】前受金 “要・不要” どちらが当選し易い?

【№1646】

<strong>冒険者</strong>
冒険者

前受金が”必要・不要”
どちらの証券会社が当選し易いのですか?

<strong>大賢者</strong>
大賢者

実に素朴な疑問じゃな!!

はじめに

前受金が”必要・不要” どちらの証券会社が当選し易いのか?

 そもそも、当選確率・抽選倍率がわからないので、答えを出すのはちょっと難しい面があります。
しかし、そこはフェルミ推定があります。個人への抽選配分率が100%の松井証券とマネックス証券を比較してみれば、なんとかなりそうです。

松井証券は、前受金不要。しかし、当選・補欠当選を辞退するとペナルティあり。
マネックス証券は、ペナルティこそありませんが、前受金必須。しかも、IPOごとに前受金が必要。

この真逆な2社を比較してみます。

2社の抽選枠は? 口座数は?

 抽選枠は、日本証券業協会の「新規公開における株券の個人顧客への配分状況」。口座数は、各証券会社の公式サイトからの転用です。

松井証券・マネックス証券 抽選枠

上場月銘柄コード松井証券マネックス証券
2022年6月M&A総合研究所955241本41本
マイクロアド9553186本186本
2022年7月HOUSEI503582本82本
unerry503418本18本
エアークローゼット955738本39本

松井証券・マネックス証券 口座数

時期松井証券マネックス証券
2022年6月1,407,062口座2,199,663口座
2022年7月1,410,332口座2,165,231口座

※マネックス証券の口座数が減っていますが、これ本当です!!

2社の倍率シュミレーション

 正確な倍率がわからなくても、なんら問題なし。仮に、マネックス証券のBB参加率を1%とし、松井証券のBB参加率を1%・1.5%・2%(1倍・1.5倍・2倍)として倍率をシュミレーションしてみると ・・・ 。


ー 分析 -

 2社の抽選枠が同じというのが、ポイントですね。BB参加率が同じならば、松井証券の方が倍率が低い。松井証券の口座数の方が少ないのですから、これは当然です。

松井証券のBB参加率がマネックス証券の1.5倍の場合、倍率はほぼ同じ。2倍になれば、マネックス証券の方が倍率が低くなり、当選し易いことになります。

なお、同じ抽選枠なので、2社の口座数を基ににBB参加率で倍率を計算すると、それぞれの倍率の形は、同じ(凸凹)になります。f(^^;)

管理人の独り言

 けっこう面白い分析でしょ。「松井証券のBB参加率がマネックス証券の何倍なのか」で倍率が変化しますが、2社のBB参加率が同じとは思えません。管理人としては、やはり前受金不要の松井証券のBB参加率の方が高いと考えています。「(具体的に)マネックス証券の何倍か?」と、問われると難しいですが ・・・ 。f(^^;)

読者様は、どちらのBB参加率が高いと思われますか?

両方に申し込んでも当選しないのが実状なので、あまり意味のない分析なのかもしれません。ただ、当ブログの方針は、「分析・解析で効率的・効果的IPO手法の探求」です。

二者択一の申込だったら、どちらで申し込むかですね。う~ん f(^^;)
読者様だったら、どちらの証券会社で申し込まれますか?

面白そうなので、遊び心でアンケートを取ってみましょうか。

・回答方式: 二者択一
・回答手順: ○をクリック後、「Vote」をクリック(回答後の変更不可)
・結果確認: 「View Results」をクリック
・回答締切: 10月26日23時59分59秒

二者択一なら、松井証券・マネックス証券のどちらで申し込みますか?

  • 松井証券で申し込む。 (50%, 29 Votes)
  • マネックス証券で申し込む。 (50%, 29 Votes)

Total Voters: 58

Loading ... Loading ...


では、また(^^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2つのブログランキングに登録しています。
記事が面白かったら、応援の意味で下記の
バナー」をクリックしてくださいね。(^^)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
分析大好きProf.新城の株式投資【ホイホイIPO投資術】 - にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました