【雑記】突然ですが、”徒然草”!!

 パソコンに向かって次のブログのネタを考えていたら、なぜか突然”徒然草”の「つれづれなるままにひぐらし・・・」が思い浮かび頭から離れません。あれれ?・・・どんどん肥大していきます。

徒然草(つれづれぐさ)とは、兼好法師(吉田兼好)が 鎌倉時代に 書いたとされる随筆。私も中学?高校?で習いました。授業中、先生に「おい新城【 つれづれなるままにひぐらし 】を訳してみろ!!」と言われ【なんとなくすごしていると(セミの)ひぐらしが鳴いている。もう日暮れか!!】と訳した。先生から「どういう意味だ?」と聞かれ、「ひぐらしは日暮れに鳴くので日暮れになったことに気付いた」と答え・・・、あれっ先生のリアクションが思い出せない。「まぁそういう解釈もあるかな・・・」と言われたような気がする。作り話ではなく、確かにそう答えた!!        ちなみに今でも、ひぐらしは、日暮れに鳴くと思っています。

話の展開のために原文と現代語訳(口語訳)を書いておきます。

原文                                           つれづれなるままに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

”日らし”は ”ひらし”。”むかて”は ”むかて”。”しけれ”は ”しけれ”と習った。

現代語訳(口語訳)                                    することもなく手持ちぶさたなのにまかせて、一日中、硯に向かって、心の中に浮かんでは消えていくとりとめもないことを、あてもなく書きつけていると、(思わず熱中して)異常なほど、狂ったような気持ちになるものだ。

訳を見れば、無茶苦茶な訳し方だったが、「日くらし」が「一日中」ならば、最後には日暮れになるわけだから、まんざらでもない。セミはどこにもいないが・・・ムムム(^^;)

さて、還暦のオジさんになった今、再度訳にチャレンジしてみたい!!

Prof.新城訳                                       することもないので、なんとなく一日中パソコンに向かって、頭の中に浮かぶIPOのとりとめの ないことばかり書いていると、怪しく、気が狂いそうだそうだ!! 

そりゃそうだ! 不健康だ! おかしくなるでしょ!

随筆とは「心に浮かんだ事、見聞きした事などを筆にまかせて書いた文章」のことである。まるで ブログではないか!! ならば、徒然草はブログであり、兼好法師はブロガー・・・そんなわけないが、なるほど、突然”徒然草”が思い浮かんだのは、こうことか!!・・・と一人で納得。 頭に浮かんだことを指にまかせキーボードをたたいている。まさにブログである。

では、また (^^)/~~

失礼しました

ランキングに参加中です。記事が面白かったら下記のバナー”ひよこ”をクリックしてください。クリックするとランキングブログが開きます。無理にクリックする必要はありません。(^^;)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

コメント欄

読者の皆様へ                                      コメント欄に入力していただくと、コメントはメールで管理人(Prof.新城)まで届きます。特別な目的がない限り、記事内に読者様のコメントを表示させることはありません。

タイトルとURLをコピーしました