【IPO】証券会社との相性!?

「つれづれなるままにままにひぐらし・・・」ハ~イ!! 古典で有名な徒然草の序段ですね!!
作者は、兼好法師(ケンコウ・ホウシ)。本名は、卜部兼好(ウラベ・カネヨシ)さん。
随筆なので、兼好さんはいわばブロガーの先駆者というか大先輩。尊敬していますよー!!

静かな日曜日です。兼好さんにならって硯(すずり)ではなく、
PCに向かってIPOネタをあれこれと・・・。んっ!?

『徒然草』序段
つれづれなるまゝに、日くらし硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書き付くれば、あやしうこそ物狂ほしけれ。

証券会社との相性は、本当にあるのか!?

 IPOブログを閲覧していて、読者様のコメントに「○○証券で当選。こことは相性が良い!!」みたいな当選報告コメントをよく見ます。(^^)

証券会社との相性ってなんでしょう!?

「相性」は人間関係に使われるのが普通。落選が当たり前のIPOですから、当選した証券会社は特別です。当選回数が多い証券会社に相性の良さを感じても、何ら不思議でもありません。

当選回数が多い証券会社とは、本当に相性が良いのか!?

んっ!? 何か違う!!

管理人の当選最多の証券会社は、SBI証券。抽選ルールは口数比例方式。つまり、申込口数が多いほど優位になるのですから、資金力が大きければ当選が多くなるのは当然。いや必然でしょう。

相性・・・!? 感じません!!

では、完全全平等抽選で当選最多の証券会社といえば、大和証券です。大和証券に相性の良さを感じるかといえば、感じません!!  ・・・あらら f(^^;)
考えてみれば、主幹事回数が多く、抽選枠が最多(抽選ルール上での比較)の大和証券で当選が多くなるのは必然です。⇦ う~ん(^^;) 理論的だー!! (^^)

管理人は、SMBC日興証券での当選がほとんどありません。しかし、前述の理屈では「日興証券の当選は大和証券より少ない」わけですから、日興証券に相性が悪いと感じるのもヘンですね!!
「SMBC日興証券と相性が良い」というコメントも見ますが、う~ん(^^;) どうなんでしょう。
大和証券より日興証券の当選回数が多い場合は、「相性が良い!!」といってもよさそうですね。
チャンス抽選・ステージ抽選を入れてはダメですよー!! 同じ条件で比較せねば!! (^^)

管理人の独り言

 主幹事回数が多く完全平等抽選&抽選枠比率が同じ証券会社といえば、野村證券・SMBC日興証券・みずほ証券でしょうか!? ※日興証券のステージ抽選は、完全平等抽選でないので対象外。
管理人の当選回数(実績)では、野村證券・みずほ証券がSMBC日興証券より多い。

えっ!! 野村證券!?

3社の比較ですが、公募割れしたIPO、当選確度が高い東証一部上場のような規模の大きいIPOを除いた実績です。SMBC日興証券より、野村證券が多いのが意外感たっぷりですね。
逆にいえば、日興証券で当たらなずぎ!! 申込受付番号を調べるのに、毎回締切時刻ギリギリでの申し込み。あれが落選続きの原因だとしたら!?・・・あらら f(^^;)

 証券会社との相性はあるのか!?

分析大好きな管理人の結論は、「証券会社との相性はある!!

しかし、「IPOの当選は運」であり、この「運」にも偏りがある。この偏りが「相性」の正体と考えています。・・・そんな身も蓋もない!! f(^^;)

管理人はIPO投資を始めて4年ですが、4年はまだまだ短い。偏りがあっても当然です。IPOブロガーさんの中には、10年以上されている方もいらっしゃいます。
ツワモノIPOブロガーさん達にも、相性の良い証券会社があるのでしょうか!? 是非一度、聞いてみたいものです。お問い合わせしてみようかな!? ・・・あらら f(^^;)

では、また(^^)/~~

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コロナに過敏になりすぎず、日々基本的な感染防止に努めましょう!!

手洗いは有効ですね!!

2つのブログランキングに登録しています。同じカテゴリー(IPO・新規公開株)ですが、登録者が大きく違います。同じ順位にならないところが、面白いですね。頑張らねば・・・ムムム(^^;)

人気ブログ登録(128人) 日本ブログ村登録(685サイト

タイトルとURLをコピーしました